秋田発!生活のおもしろ情報満載

ためになる

ためになる情報を発信しています。

心理カウンセラー”心のお部屋” 子育てが大変と感じている方へ

2017-08-21

間もなく夏休みも終わりですね。普段より子供と長い時間を過ごす中、「子育てを存分に楽しめた」というお母さんがいる一方で、「子育てが大変過ぎてつらい」との声をいただくことにもしばしばです。一体、この感覚の差はどこから生まれるのでしょうか?できれば楽しむ側にいきたいものですよね。
今回は、子育てを楽しめるコツを3つご紹介したいと思います。
 

1.子育ては「思い通りにいかない方が当たり前」

子育てが大変だと思っている方は、一言でいうと、「思い通りにいっていない」という不満と不安があるのではないでしょうか?
子育てはこれまで自分が采配をふるってこれたことも、自分の力ではどうしようもないことの連続です。
夜泣き、イヤイヤ期、成長してきたらしてきたで友達関係、進学、成績の心配、反抗期など、思い通りになっていないことが続くと挫折感を多く味わいます。
するとモチベーションが下がり、心の余裕がどんどんなくなっていってしまいます。
子育ては「思い通りにいかない方が当たり前」です。
育児書通りにはいきません。
思い通りにいかないことは、あなたのせいではありません。
育児書は「目安」になりますが「正解」ではありません。
正解はないのですから、開き直り、諦め、割り切り感でいきましょう。
子育てのハードルは越えようとしない。完璧を目指さないことです。

2.子供よりもお母さん自信を優先させる

子育ては、すぐに結果が出ない長丁場です。
いつも子供を優先させてばかりいたら、息切れしてしまいます。たまには、自分を一番に優先させてあげましょう。とはいえ、子供を預けて自分だけ出掛けることに社会の理解も進んだとはいえ、まだまだ抵抗があるというお母さん方も多いと思います。
しかし、だらだらと不満をためての子育ては、自分にうそをついている状態。これではストレスが解消されません。
「今日は息抜きの日!」と決めて、子供を預けられる人にお願いしちゃいましょう。
お母さん自信が満たされれば、黙っていてもその満足感はあふれ出て周囲を心地よくしてくれます。シャンパンタワーのイメージです。
子育てに余裕がないと感じているときほど自分優先です。
ただ、自分だけが楽しもうとすると「申し訳ない」という「罪悪感」が邪魔をします。そんなときは、シャンパンが注がれてあふれ出る光景を思い浮かべながら「自分を優先させ満たしていくと、子育てが楽しくなる」とイメージしてみてくださいね。

3.子供との生活そのものを楽しもうとしてみる

忙しいお母さんたちは、1日の中で特別何かをしてあげる時間は取りづらいもの。であれば、日常の中で習慣になっていることを楽しむ姿勢を持ってみましょう。
お風呂の中で一緒に歌う、ゲームで対戦する、お笑いを見て一緒に笑うなど、「一緒にいる」という距離感が子供に安心感を与えます。
子供の遊びにとどまらず、自分の楽しいことに巻き込んでもいいですよね。
私は海遊びが好きなので、子供たちも連れていき、素潜りしたり、魚を見たり、捕ったりを楽しんでいました。その影響か、2人の子供たちは今、どちらも海洋関係の仕事に就いています。

この記事を書いたライター

心みねこ

心理カウンセラー カウンセリングルームCocoroオーナー
2014年 心屋流リセットカウンセリングマスター資格取得(秋田県初)
2015年 全肯定心理カウンセラー資格取得(秋田県初)4月〜8月秋田カルチャースクールにて、心理学講座開講(全国1位の受講者数を記録)
全国からのカウンセリング依頼に対応


このライターの書いた記事をみる

この記事が気に入ったらいいねしよう!

関連記事

LIFEのカテゴリ

秋田のおすすめ情報

カテゴリランキング