秋田発!生活のおもしろ情報満載

ためになる

ためになる情報を発信しています。

ペットの腸内環境に注目!「納豆×乳酸菌」は秋田生まれのスグレモノです!

2017-12-25

ここ数年テレビや雑誌などで盛んに取り上げられている腸内フローラ。善玉菌や悪玉菌という言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが、腸内環境の良し悪しは免疫能力や健康状態に影響がでると考えられているのです。
そんな今、ペットの腸内環境にも乳酸菌が注目されています。そこで、秋田県横手市で作られているペットのためのおやつふりかけ「納豆×乳酸菌」について、NSバイオジャパン株式会社の品質管理の佐藤さんよりお話を伺いました。

納豆×乳酸菌(犬用、猫用) 40g入り 1袋 680円(税抜)

「納豆×乳酸菌(犬用、猫用)は、2016年に販売を開始した商品です。NS乳酸菌のペット用のサプリメントとして錠剤タイプの商品を販売していましたが、より使いやすい商品として納豆と組み合わせたふりかけタイプを開発しました。そのままいつものペットフードにふりかけてもOKなので、与えやすいのがポイントです」と佐藤さん。

発酵食品である納豆には栄養がいっぱい!

納豆×乳酸菌(犬用、猫用)に使用されているのは、株式会社ヤマダフーズの「おはよう納豆」。しかも無塩です!ひきわりなので消化しやすく小型犬でも食べやすくなっています!

手作り食や、市販のペットフードにトッピングをされる飼い主さんにも使いやすくておすすめです。ペットフードに野菜スープを掛けて「納豆×乳酸菌」を混ぜたら栄養満点ですね。
※「納豆×乳酸菌」には、納豆の粒と乳酸菌の粉が入っていますが、粉は袋の下の方にたまりやすいため、粒と粉が偏らないように与えるときは袋を軽く振ってから使用しましょう。

NS乳酸菌と秋田

「NS乳酸菌は、モンゴルの馬乳や漬物の中から分離された野生の品種で、人間や動物および自然の中で共生している菌です。単一で働くより、他の菌と共生して働く力が強くなることがある菌なんです。その野生の状態を損なわないために培養を繰り返すことを最小限にとどめて製造されています。手間もコストも掛かるのですが、この乳酸菌を発見・開発した金鋒(きんほう)博士の理論に基づいてしっかりと実践されています」と佐藤さん。

実はこの「培養の繰り返しを最小限にとどめて製造してるところ」がNSバイオジャパン株式会社の凄いところで、こちらの企業ならではの丁寧な仕事なんです。そして、秋田で乳酸菌が製造されている大きな要因としては、キレイな空気や自然豊かな環境が菌の製造に適しているからだそうです。発酵文化が暮らしに根付いている秋田ならではな感じがしますね!

同商品は、納豆と乳酸菌、二つのパワーを一緒に摂れる上、ペットの食事の食い付きアップにもつながるという秋田生まれのスグレモノだということが分かりました!

ここで工場をご紹介!

風格のある建物ですよね。清酒醸造施設を既存の機械装置や貯蔵設備などを有効活用して乳酸菌や関連商品の製造が行われています。

酒蔵見学をしたことがある方なら「見たことある。酒蔵そのままだ〜!」と思うことでしょう。写真上の貯蔵タンク内には、乳酸菌エキスが発酵を終えて眠っています。

お米の液と乳酸菌を混ぜ合わせる設備です。

まるで実験室のような写真上の部屋は、人用サプリメントの製造工程で、カプセル内に乳酸菌を詰める作業時に使用されます。雑菌が混入しないよう入室時はアルコール消毒が必須だそうです。

写真上は、酒蔵時代の麹室を再利用している場所です。その内側に一回り小さく新しいユニット(写真下)が設けられていて、乳酸菌の種の製造をするところになります

このように古いままの場所と、温度や衛生管理などに最新の技術を用いている場所が、適材適所で使い分けられています。乳酸菌は、製造工程や製造場所の環境などが似ていて、人が慣れ親しんでいるお醤油やお酒のような食品に近い存在なのだと感じました。

ちなみに、納豆を食べた人は酒蔵に入れないのをご存知ですか?
それほど納豆菌は強力なんです。同社でも乳酸菌の商品はいろいろとあるのですが、この納豆と乳酸菌の製造場所は建物も別棟になっています。朝、納豆の仕事に携わったら、その日はもう一つの施設には入れません。それが菌を扱う現場のルールなんです。

なぜ今、腸が注目されているか!

大腸には膨大な数の腸内細菌(善玉菌、悪玉菌、日和見菌)が生息しています。それらの細菌が草むらやお花畑(フローラ)のように種類ごとに密集している様子から腸内フローラまたは腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)と呼ばれています。日々の生活のさまざまな原因で腸内細菌は入れ替わりバランスを変えていて、その人固有の腸内フローラが作られているのです。
腸は消化吸収だけではなく人体最大の免疫機関で免疫力のおよそ70%を腸がつくっていると考えられています。

参考元:藤田紘一郎(2015年)『最新!腸内細菌を味方につける30の方法』ワニブックス

現代人においてはストレスなどさまざまな理由から悪玉菌が優勢になっていることが多いそう。健康のためには、善玉菌のエサとなる食物繊維をしっかり摂る、良い睡眠をとる、ストレスを減らす、適度な運動を心掛けるなど、生活習慣や腸内環境を整えることが必要となるんですね。しかし、腸内環境を整えるのは簡単ではありませんよね...。そこで腸内環境を整えるための助けとなる乳酸菌を使用した製品が作られているのだなと、今回お話を伺って思いました。

またNSバイオジャパン株式会社では、犬・猫用のほか、人用にもたくさんの製品があります。

写真左奥/新・酒蔵で醸したお米の湯 1.8L入り 1本 770円(税別)
写真右奥/NS乳酸菌 極(きわみ) 60カプセル入り 1袋 3,611円(税別)
写真手前/NS乳酸菌飲料 140g入り 1本 141円(税別)

人もペットも一緒に腸内環境を整えて健やかに暮らしませんか。

NSバイオジャパン
電話/0182-22-3015
ホームページ/http://nsbj.jp
※商品や価格など、詳しくはホームページをご覧ください。ご紹介した「新・酒蔵で醸したお米の湯」と「NS乳酸菌 極」はホームページに記載されておりませんので、お問い合わせフォーム、または電話にてお問い合わせください。

取材:渡辺ヒナタ

この記事を書いたライター

ペット&アニマル情報局 チーム ぽちたま

ペット情報をお届けする チームぽちたま です。ペットや動物たちとのよりよい暮らしを望む仲間と、情報共有しながら、さまざまな活動をしています。時々ペット以外の秋田ネタも載せます。なぜなら秋田が大好きだからです。
♪ペットと暮らすなら、遊ぶなら、秋田県♪をキャッチコピーに、「よりよいペット&アニマルとの共生」を目指しています。

このライターの書いた記事をみる

この記事が気に入ったらいいねしよう!

関連記事

LIFEのカテゴリ

秋田のおすすめ情報

カテゴリランキング