秋田発!生活のおもしろ情報満載

遊ぶ

遊ぶ情報を発信しています。

ワンコと歩く 秋に訪れたい、仙北市「抱返り渓谷」の紅葉狩り!

2018-01-26

冬景色も、見慣れると少し前の色鮮やかな秋の景色が恋しいですね。常緑樹の緑に赤や黄、だいだい色の濃淡のバリエーションで美しく彩られる紅葉風景。そんな秋におすすめしたい、ワンコと行ける紅葉スポットが、仙北市の「抱返り渓谷」です。
渓谷と聞くと、行ったことのない方にとっては「山奥まで行くのは大変そう」というイメージがあるかも知れませんが、アクセスは心配ありません。車で国道46号を角館から田沢湖に向かって、神代駅付近で右折すると、5分ほどで駐車場がみえてきます。高い山の紅葉は見事ですが、見頃の休日ともなると、道路は渋滞するし、途中で車を降りて景色を楽しむなんてことも難しいですよね。その点、抱返り渓谷は駐車場があってそこから歩いて行けるので、じっくり自分のペースで紅葉を楽しむことができるんです。

駐車場からすぐの場所に「抱返り渓谷」と刻まれた石碑があり、これから行く渓谷が見渡せます。ワンコも行く気満々でフライング気味でした(笑)。

いざ、出発!

杉の老木に囲まれた、荘厳な雰囲気の抱返神社の前を通って行きます。

少し歩くと「神の岩橋」という全長80mの吊り橋があり、上の写真がその吊り橋を渡っているところです。「神の岩橋」は、大正15年にできた森林軌道で、県内で最も古い吊り橋だそうです。長いので中央まで行くと揺れますし、渡る人が多いとその揺れもかなり感じます。ワンコが怖がるようなら、抱くか早歩きで一気に渡りましょう。人でも怖いと思う方がいるかもしれませんのでご注意くださいね。

橋を渡ったところに広場があります。ここは毎年のように行っていて、11月初めに見事な紅葉を見たことがあったので、取材当日の10月末ならそろそろ見頃かと思ったのですが、まだ少し早かったようです。

こちらは2006年11月頃の写真で、川の向こう岸はこんな感じでした。赤と黄が美しく、まさに錦秋ですね。このように紅葉の見頃に訪れたのなら、吊り橋とこの広場でゆっくり過ごすだけでも十分満喫できます。駐車場からここまでの遊歩道は舗装してあるので気軽に来られますが、この先は砕石が敷かれている自然の散策路になるので、靴は歩きやすい運動靴などを履いて行くのがオススメです。登山のような高低差のあるコースではありませんが、ヒールの高い靴では危ないのでさけましょう。ワンコ連れの場合は、他の観光客の邪魔にならないよう道の端を歩くことも心がけているのですが、道の端はぬかるんでいることがありますので安全第一でいきましょう。アウトドア用のフィッティングの良い長靴か汚れても良い靴がオススメです。

「抱返り」の名前の由来をご存知ですか?

抱返り渓谷のパンフレットによると「以前は人がすれ違う時にお互い抱きかかえるように返さなければ通れなかったほど狭く険しい山道だったことから『抱返り』と呼ばれるようになった」と記されています。実際、上の写真のように撮影できる広めの場所はほんの一部。観光バスで来る団体の旅行客も多く訪れる場所なので、ワンコのリードは短く持って端を歩かせるようにしましょう。小型犬なら、スリング(抱っこ用バッグ)に入れて歩くのが安心かと思います。

こちらのようにちょっと開けた場所があれば、紅葉した山をバックに撮影することもできます。ワンコが並んで座っていると、「お利口さんね〜」と犬好きな方が声を掛けてくれることも。

こちらは「誓願橋(せいがんばし)」と名付けられた新しい吊り橋の前でパチリ。ここから見える渓谷の紅葉は見事!橋の真ん中で写真を撮っている観光客も多いスポットでした。背の低いワンコは、真ん中まで行くと抱き上げなければ人のように紅葉をバックに撮れないので、橋のたもとでハイ、ポーズ

渓谷を歩いて行くと、ところどころで息をのむような美しい景色が目に飛び込んできます。眼下を流れる川の色も、吸い込まれそうな深いエメラルドグリーンでキレイです。

まるでワンコも景色を楽しんでいるみたいでした。


途中に橋やトンネルがいくつかあります。トンネルは長くはないのですが、真っ暗で先が見えなくなる場所もあるので、すれ違う人がワンコにびっくりするかもしれません。お散歩用の小さなライトを持って行き、トンネル内は抱っこをするなどして気を配りましょう。大きなワンコは、リードを短く持って壁側を歩かせた方がいいですね。こんな時、飼い主の横をついて歩くトレーニングを普段からしていると安心です。

抱返神社から1.5km(徒歩で約30分)のところにある「回顧(みかえり)の滝」をバックに記念撮影をしました。「何度も振り返ってみたくなるほど美しい」というのが滝の名前の由来で、マイナスイオンいっぱいの場所です。ここは誰もが写真を撮りたくなる場所なので混雑しており、お座りしたワンコを撮るのはかなり難しいと思います。この時は人の流れが切れるタイミングを待って、同行の友人と協力してサッと撮りましたが、撮られ慣れているワンコたちもさすがにカメラ目線は難しいよう...。飼い主さんが抱っこするなどしてチャレンジしてみてくださいね。

回顧の滝から散策路を少し先に歩くと展望台があり、そこからも回顧の滝を見ることができました。上の写真は以前来た時に撮ったものです。回顧の滝まで来て帰る人がほとんどだったので、その先にある展望台は穴場だったのですが、残念ながら崩落などのために現在は通行止めです。

滝で折り返して、来た道を戻ります。上の写真は、最初に渡った神の岩橋を過ぎた神社までの帰り道です。帰りは下り坂なので、気を緩めず注意しながら進んでください。
近所のお散歩や街歩きしかしたことのないワンコには、山の匂いや狭い山道はドキドキ、ワクワクかもしれませんね。一緒に歩き終えると、ワンコも「ぼくたち偉かったでしょ?」と少しホッとしたような、でもどこか得意げな顔をしていました。
抱返り紅葉祭は例年10月上旬から11月上旬まで開催されており、期間中は有料駐車場と屋台などもあります。また小型犬が宿泊できる「温泉ゆぽぽ」もすぐ近くなので、遠方の方もワンコと紅葉を楽しめます。ヒノキ材がふんだんに使われた広い浴場は最高!秋になったら、ぜひワンコと一緒に抱返り渓谷へ紅葉狩りに行ってみてください。

【問い合わせ】
仙北市観光情報センター(角館駅前蔵)
【住所】仙北市角館町上菅沢394-2
【TEL】0187-54-2700
【ホームページ】http://kakunodate-kanko.jp/

仙北市田沢湖観光情報センター(フォレイク)
【住所】仙北市田沢湖生保内字男坂68
【TEL】0187-43-2111
【ホームページ】http://www.tazawako.org/

【周辺情報】
あきた芸術村 温泉ゆぽぽ
【住所】仙北市田沢湖卒田字早稲田430
【TEL】0187-44-3333
【ホームページ】http://www.warabi.or.jp/yupopo/

取材日:2017年10月31日
取 材:渡辺ヒナタ

この記事を書いたライター

ペット&アニマル情報局 チーム ぽちたま

ペット情報をお届けする チームぽちたま です。ペットや動物たちとのよりよい暮らしを望む仲間と、情報共有しながら、さまざまな活動をしています。時々ペット以外の秋田ネタも載せます。なぜなら秋田が大好きだからです。
♪ペットと暮らすなら、遊ぶなら、秋田県♪をキャッチコピーに、「よりよいペット&アニマルとの共生」を目指しています。

このライターの書いた記事をみる

この記事が気に入ったらいいねしよう!

関連記事

LIFEのカテゴリ

秋田のおすすめ情報

カテゴリランキング