秋田発!生活のおもしろ情報満載

ためになる

ためになる情報を発信しています。

心理カウンセラー“心のお部屋”心理カウンセリングはどんな人が受けるの?」

2016-08-22

わたしのような年配者がカウンセリングを受けていいのでしょうか?

先日、初老の男性からこのような問い合わせをいただきました。「心理カウンセリングを受けたいけど、何か病気を患ってる人が受けるもの、年齢、性別の制限がある」と思ってる人も少なくないのではないでしょうか?

答えは「心理カウンセリングを受ける条件はない」「どんな方でも受けることは可能です」

人はどんな人であっても尊敬と信頼に値する存在です。
悩みの有無は老若男女は関係ないですし、性別も、年齢も、職業も全く関係なく誰しもが抱えてるものです。

むしろ、年配の方は年齢を重ねてきた分、ずっと、一人で悩むを抱え込んでいる傾向があります。弱みを出せずに「これくらいたいしたことない」と歯を食いしばって頑張ってきたのです。


また、性別で言えば、男性は、どうしても日常では強さを求められる場面が多いですよね。周囲からは一家の大黒柱として、男だから強くあらねばならないとプレッシャーをかけられる。でも、実際には生きていれば、辛いことや、悲しいこと、泣きたくなることもあったはず。

どこかで、自分の弱みを安心して出せる場所が必要なのです。そんなときは心理カウンセリングを利用してほしいなと思います。が、それでも、なかなか、カウンセリングに行くのは敷居が高いなと思ってしまう方へ、自分でも簡単にできる、セルフカウンセリングの方法をお伝えします。

これは自分に語りかけるように口に出すと効果が高まります。

「今まで一人でよく耐えてきたね」

「一人で頑張らなくていいよ」

「弱くていいよ」など自分を労う言葉を自分にかけてみてください。

こうした声をかけることで感情が動いたら、そのまま、受け止めてあげてください。泣きたくなったら、泣いてください。

わたしたちの心は筋肉と同じように適度な緩急が必要です。

いつも自分を追い込んでばかりいたら、心の筋肉は硬直したままで、やがて戻り方を忘れてしまいます。

「弱くてもいいんだ」「大黒柱はグニャグニャでいいのだ」と心を緩ませてあげる。人は自分が思ってる以上に自分に厳しいです。もっと意識して、自分を甘やかしていきましょう。

一旦、緩めてしまったら元に戻れないと心配になるかもしれませんが、そんなことはありません。大きくジャンプする前には必ず“ため”が必要ですよね?心を緩めるというのは、この“ため”に該当します。次なる飛躍の前段階ですから安心して、心を緩めていきましょう。

この記事を書いたライター

心みねこ

心理カウンセラー カウンセリングルームCocoroオーナー
2014年 心屋流リセットカウンセリングマスター資格取得(秋田県初)
2015年 全肯定心理カウンセラー資格取得(秋田県初)4月〜8月秋田カルチャースクールにて、心理学講座開講(全国1位の受講者数を記録)
全国からのカウンセリング依頼に対応


このライターの書いた記事をみる

この記事が気に入ったらいいねしよう!

関連記事

LIFEのカテゴリ

秋田のおすすめ情報

カテゴリランキング