秋田発!生活のおもしろ情報満載

遊ぶ

遊ぶ情報を発信しています。

あきた舞妓の「松下」に行ってみた!ゆったり過ごせる茶寮も酒房も良い感じ!vol.2 茶寮&酒房

2016-08-01

今年6月にオープンした、あきた文化産業施設 松下。
vol.1では「あきた舞妓劇場」をご紹介しましたが、今回は「茶寮&酒房」のご紹介です。 

こちらが茶寮の外観。お店の入口です。大きな窓が一部全開できるため、外との一体感がハンパない空間です。

大きな窓と白いのれんが印象的。最近ではこの茶寮を目的として千秋公園に訪れる方も多くなったそう。

マネージャーの阿部寛史さん。まだ行ったことのない方々へメッセージをいただきました。「3種類のコーヒーを用意しております。好みがあるとは思いますが、若い人からお年寄りまで楽しめる味がそろっていると思います。ぜひお立ち寄りください」。
こちらのお店では、ブラジルのサンタイネス農園の豆を使っています。さっぱりとした甘い風味と果実感がおすすめ。次はエチオピアの豆も仕入れる予定だとか。

現在のメニューはこちら。阿部さんは「今は飲み物が中心のメニューですが、今後あんみつやオリジナルのアイスクリームも出していきたいですね。朝7時から開店していますので、モーニング(朝食)でパンとコーヒーのセットなども考えています」と教えてくれました。楽しみです!

フレンチブレンドコーヒー(600円)。一杯一杯丁寧に入れてくれるコーヒーを飲んでいると、ここだけ時間の流れ方がゆっくりしているようで、優雅な気持ちになります。カップは全て秋田の陶芸家 田村一さんの作品。お店の雰囲気に合っていて、とっても良い感じです。また、取材時は、松下のロゴ模様の入ったもろこしがついてきましたよ!かわいい。

今度は抹茶ラテを注文してみました。こちらも丁寧に作ってくれました。
オープンして1カ月くらいですが、年配の方が散歩の途中に連日寄ってくれたりと、地域の方に少しずつ広まり利用されているのを感じているそう。
「ゆっくり座って休める、こういう場所があるとうれしい、と言ってくれる方が多く、ここで過ごす時間が、生活の一部になってくれているようでいいですね」と阿部さんもうれしそう。

クリーミーで、まろやかで、もう1杯おかわりしたくなりました。

抹茶ラテ(650円)。器も手になじむ感じで、とっても幸せな時間を過ごせます。

落ち着いた内観。全部で19席あります。あきた舞妓がお出掛けするときには茶寮にも顔を出して「いってきます」と声を掛けてくれるんだとか。帰ってくると「ただいま」って顔出してくれるそうです。

テークアウトもOK!千秋公園をコーヒー飲みながらお散歩なんてのもいいですね。また、マイ・テークアウト・タンブラーを持参すれば、100円引きです。さらに、10月からはエスプレッソマシンが導入され、カフェラテも飲めるようになります。やったー!
今後もたのしみな、松下の茶寮です。

【茶寮・基本情報】
秋田市千秋公園1-3 電話018-827-3241
営業時間7:00〜18:00
定休日 月曜
ホームページはこちら
Facebookはこちら

さて、次は酒房のご紹介です。
こちらはあきた舞妓劇場の入口から入ります。

ちゃんと靴を脱いで入ってくださいね。

入口から入って右側にあるのれんを抜けると…

じゃーん!スタンディングタイプの酒房です。秋田にあまりない立ち飲み文化が広まりそうな、おしゃれ空間。靴を脱いで立って飲むスタイルはあまりないので、お客さまも思わずリラックスモードになってしまうんだとか。

県内全て(37の酒蔵)の日本酒がそろっていて、日本酒のロゴが店内をデザインしています。平日は県外の方の立ち寄りも多いとのことなので、早くも「観光お立ち寄りスポット」になってきたのかも!

こちら↓は、平成28年6月(取材時)の日本酒リストです。時季により変更になります。

ズラリと37蔵が並ぶリスト。ひと目見て「日本酒好きな方をお連れしたい!」そんな気分になりました。

「季節の取り揃え」日本酒もそろっているので、常に約45種類くらいの日本酒から選ぶことができます!(時期により変更になります)

右が1杯売り(90ml)のグラスです。好きな銘柄が決まっている方は、こちらがおすすめです。

もし迷ったときは…「秋田の日本酒 三種盆」がおすすめ。お好きなお酒を3つでも良いですし、お店セレクトでも良いですし、落ち着いた空間でクイッと楽しめますよ。「いろはに」の4種あります。

取材時の「三種盆」はこちら↓ 日本酒がよく分からない人でも、こうしたリストがあると、飲んだときに「なんかコレ好き」とか「これ飲みやすかった!」と日本酒入門できそうですね。

ほんわかしている店内で、ゆっくりと堪能してくださいね。

スタッフさんのご紹介。

写真左:杉本智子さん、写真右:酒房マネージャー荻原佳さん。日本酒大好きなスタッフさんたちです。
「日本酒が好きなので季節のお酒を選ぶのも楽しみなことのひとつです」と杉本さん。
「お客さま自身の出身地に蔵がある日本酒をおいしいと好む方が多いですね」と荻原さん。

秋田の地ビールもズラリそろっています。

お酒のあてには「かぶの塩麹漬け」や「いぶりがっこチーズ」はいかが?


いぶりがっこの間にチーズが挟まっているのが見えますか?ポリポリしながら食べていると日本酒もすすんじゃいますね。

【酒房・基本情報】
秋田市千秋公園1-3 電話018-827-3241
営業時間
平日 14:00〜20:00
土曜 10:00〜20:00
日曜 10:00〜15:00
定休日 月曜
ホームページはこちら
Facebookはこちら

茶寮も酒房も、秋田の新しいスポットだからこそ、まずは秋田の人たちに体感して欲しいですね。

※茶寮、酒房いずれも月曜日が祝日の場合は火曜日が休みとなります。祝日の営業につきましてはFacebookをご確認ください。
※価格はすべて税込みです。

この記事を書いたライター

ライフ編集部

秋田県を中心に生活のおもしろお役立ち情報をお届けします。

このライターの書いた記事をみる

この記事が気に入ったらいいねしよう!

関連記事

LIFEのカテゴリ

秋田のおすすめ情報

カテゴリランキング