秋田発!生活のおもしろ情報満載

遊ぶ

遊ぶ情報を発信しています。

栄養満点の甘くておいしい「冬の野菜」をいっぱい食べよう!

2017-02-28

 冬は、栄養補給ができて食べごたえ満点の「ハクサイ」、雪の下でおいしさをため込んだ「雪下キャベツ」、夏場より甘みの増す「寒じめホウレンソウ」など、おいしくて栄養たっぷりの野菜がいっぱい。
 今回ご紹介するレシピは「ハクサイと豚ひき肉ミルフィーユ」と「キャベツのフリッター」、「ホウレンソウのヴィシソワーズ」の3品です。

ハクサイと豚ひき肉ミルフィーユ

作り方と材料はこちら
<材料>
・ハクサイ・・・・・・6枚
・鶏のブイヨン・・・・200ml
・豚ひき肉・・・・・・250g
・タマネギ・・・・・・50g
・ベーコン・・・・・・30g
・パン粉・・・・・・・50g
・塩・こしょう・・・・適量

<作り方>
① ハクサイはさっとゆでて、しっかり水気をきっておく。
② タマネギとベーコンをみじん切りにして、ボウルに入れる。さらに豚ひき肉、パン粉、鶏のブイヨン(100ml)、塩・こしょうを合わせて、粘りが出るまでよく練る。
③ 耐熱皿に、ハクサイと②の肉だねの順序で具材を広げて4層くらいに重ねる。

④ 鶏のブイヨン(100ml)を流し入れる。
⑤ 180℃に予熱したオーブンで約40分焼く。
⑥ 焼き上がったら、皿からスープを全て取り、切り分ける。
⑦ お好みでケチャップやソースを添えたら完成!

● POINT ●
切り分けたときにきれいな層を作るには、具材をギュッと詰めるのがポイント。キャベツで作ってもおいしいよ!

続いて…。

キャベツのフリッター

作り方と材料はこちら
<材料>
・卵・・・・・・・・・3個
・ジャガイモ・・・・・1個
・タマネギ・・・・・・1/2個
・キャベツ・・・・・・1/4個
・塩・こしょう・・・・適量
・オリーブ油・・・・・50ml
・トマトソース・・・・適量
(A)
 ・オリーブ油・・・・30ml
 ・粉末のパルミジャーノ・レッジャーノ・・・50ml

<作り方>
① ジャガイモは皮付きのままゆで、熱いうちに皮をむいて5mm厚さのいちょう切りにする。
② タマネギは薄切り、キャベツは千切り、オリーブ油(分量外)でしんなりするまで炒め、塩・こしょうをする。
③ ボウルに卵と(A)を入れる。①②を加えてよくかき混ぜる。
④ オリーブ油50mlをフライパンで熱し、③を流し入れ、よく混ぜ合わせる。半分くらい固まったら、オーブンOKの耐熱皿に移す。
⑤ トマトソース、粉末のパルミジャーノ・レッジャーノ(分量外)を上にちらし、180℃に予熱したオーブンで10分ほど焼いたら完成!

● POINT ●
フライパンでは揚げるようにして卵を焼きます。オーブンに入れなくてもフライパンでそのまま火を通してもOKです。

最後は…。

ホウレンソウのヴィシソワーズ

作り方と材料はこちら
<材料>
・ホウレンソウ(ゆでたもの)・・・100g
・ジャガイモ(ゆでたもの)・・・・1/2個
・タマネギ・・・・・・・・・・・・1/2個
・牛乳・・・・・・・・・・・・・・300ml
・プレーンヨーグルト・・・・・・・大さじ1
・生クリーム・・・・・・・・・・・30ml
・塩・こしょう・・・・・・・・・・適量
・レモン汁・・・・・・・・・・・・少々
・オリーブ油(飾り用)・・・・・・少々

<作り方>
① ゆでたジャガイモを、一口大に切る。タマネギを薄切りにし、オリーブ油で弱火でじっくりと炒める。ホウレンソウはざく切りにする。
② ①と牛乳をミキサーにかけボウルに移す。
③ ②にヨーグルトと生クリームを加えて、泡立て器で混ぜる。
④ 塩・こしょうで味を調え、レモン汁を加える。
⑤ 冷蔵庫で冷やしてから盛り付ける。お好みでオリーブ油で飾り付けたら完成!

● POINT ●
盛り付け時に茶こしなどでこすと舌触りが滑らかになりますが、ホウレンソウの味わいを楽しむためにそのままいただくのがお勧めです。

ぜひ、挑戦してみてください!

この記事を書いたライター

ライフ編集部

秋田県を中心に生活のおもしろお役立ち情報をお届けします。

このライターの書いた記事をみる

この記事が気に入ったらいいねしよう!

関連記事

LIFEのカテゴリ

秋田のおすすめ情報

カテゴリランキング