秋田発!生活のおもしろ情報満載

ためになる

ためになる情報を発信しています。

具だくさんで栄養満点!県内産野菜のテリーヌ・海の幸のテリーヌを食べよう

2017-06-13

 ちょっと食欲が落ちているときも、ペロッと食べられるテリーヌ。県内産野菜または魚介をふんだんに使った栄養満点のテリーヌを食べて、季節の変わり目を乗り切ろう!
 そこで、今回ご紹介するのは「県内産野菜のテリーヌ」と「海の幸のテリーヌ」です。

県内産野菜のテリーヌ

作り方と材料はこちら
<材料>(4~6人分) 
※下処理方法含む
・キャベツの葉・・・・・・・大8枚(茹でておく)
・シイタケ・・・・・・・・・7個(炒め煮にしておく。酒3、しょうゆ2、砂糖1)
・ナス・・・・・・・・・・・大1本(縦に1/4に切り、オリーブオイルで素揚げ)
・キュウリ・・・・・・・・・1本(千切りにして、塩を少々まぶしておく)
・ホウレンソウ・・・・・・・1/2束(塩茹でしておく)
・ニンジン・・・・・・・・・1本(千切りにしてバターで炒める)
・インゲン豆・・・・・・・・100g(茹でて両端を切り落とす)
・カリフラワー・・・・・・・1/2株(茹でて1㎝くらいに切り落とす)
・オクラ・・・・・・・・・・30本(茹でて両端を切り落とす)
・グリーンアスパラガス・・・3本(茹でてハカマをむき、根元の皮をむく)
・パプリカ(赤・黄・橙)・・各1個(直火で焼いて皮をむき、1㎝幅に切っておく)
・板ゼラチン・・・・・・・・18g
・コンソメスープ・・・・・・400cc(ゼリーの味はお好みで)

<作り方> ※下処理済み
① キュウリをキャベツの葉で容器の縦幅のサイズに包み巻く。直径1㎝程度。また、同様にニンジンをホウレンソウの葉で包み巻く。作業は、ラップフィルムを敷き、手前から向こうへ巻くとやりやすい。
② テリーヌ型(今回はパウンドケーキの型)に大きめのラップフィルムを敷き、水分を拭いたキャベツの葉を敷く。最後に葉で全体を覆うので、容器から3~5㎝はみ出るように敷く。
③ ゼリー液を500cc入れる。両端を切りそろえたオクラを、一番下にきっちりと敷き詰める。
④ オクラがかぶるくらいにゼリー液を入れる。
⑤ ①をオクラの上(センター)に乗せる。その両端に、グリーンアスパラガスとインゲン豆を敷く。
⑥ ゼリー液を具材がひたひたになるくらい入れる。
⑦ さらに、⑤の上にナスとカリフラワー(センター)、パプリカ(両サイド)に入れ、ゼリー液を入れる。
⑧ さらに⑦の上に、笠が重ならないように両端を少し切り落としたシイタケを隙間なく一列に詰める(センター)。両サイドにインゲン豆を入れる。
⑨ シイタケの上をインゲン豆で覆うように敷き詰め、ゼリー液を入れる。
⑩ キャベツのはみ出した部分で具材を包むようにかぶせる。ゼリー液を入れながら行う。
⑪ タオルを敷いた作業台に軽く数回落とし、中の具材を落ち着かせる。
⑫ ラップで包み、冷蔵庫で2~3時間冷やす。
⑬ 約1.5㎝幅に切って、お好みのソースで召し上がれ!

海の幸のテリーヌ

<作り方>
作り方の流れは、「県内産野菜のテリーヌ」と同じです。
●ホタテ、エビ、サーモン、カニ風味かまぼこなどがセンターに来るように並べて、ゼリー液で固めます。
●ソースは、ジェノベーゼソース、ドレッシング各種、マヨネーズ、チリソースなど、お好みで合わせてお楽しみください。

今回は、パウンドケーキ用の型を使用しました。シリコン製やアルミ製などさまざまありますので、身近なものを使用して作ってみましょう!
 ご紹介したテリーヌは、見た目にも彩りよく食卓も華やかになって、栄養もしっかり摂れるのでお勧めです。ぜひ挑戦してみてください!

この記事を書いたライター

ライフ編集部

秋田県を中心に生活のおもしろお役立ち情報をお届けします。

このライターの書いた記事をみる

この記事が気に入ったらいいねしよう!

関連記事

LIFEのカテゴリ

秋田のおすすめ情報

カテゴリランキング