秋田発!生活のおもしろ情報満載

遊ぶ

遊ぶ情報を発信しています。

【たまご遊園地夏祭り】の魅力に迫るvol01中通りサティスファクション

2017-05-31

【たまご遊園地夏祭り】の魅力に迫る! vol.01中通りサティスファクション!

 

ライフ編集部では、毎年8月に秋田市中通にある、秋田市中通三丁目街区公園(通称:たまご遊園地orたまご公園)で開催される「たまご遊園地夏祭り」にスポットを当て、実行委員長の佐々木泰作さん(arrow akitaオーナー)と一緒にオモシロ揃いの実行委員の方々を訪ね、その魅力に迫ります!1回目は、中通の【中通りサティスファクション】です。

こちらがオモシロ実行委員を束ねる、実行委員長の佐々木泰作さん。

実行委員長に「たまご遊園地夏祭り」の魅力を伺ったところ、「5つ!あります」とのこと。それは・・・

1.昔ながらの夏祭り

昔は町内会には夏祭りや盆踊りがありました。浴衣を着て、ワクワクしながら出かける。そんな昔ながらの夏祭りが【たまご遊園地夏祭り】です。

2.地域の方たちとのつながり

中通地区に住まわれている方、働かられている方、たくさんの方がいらっしゃいます。そういう方々とのつながりを創造するのが【たまご遊園地夏祭り】です。

3.子どもから大人まで、みんなが主役

お子さん、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんまで、みんなが主役です。みんなで楽しめるのが【たまご遊園地夏祭り】です。

4.大盛り上がりの盆踊り

実行委員のみなさんは盆踊りのスペシャリストではありませんが、一生懸命他の町内に足を運んで盆踊りをしてみたり、地域の方に盆踊りを教えてもらったり。あとは盛り上げ上手な実行員のみなさんが、もの凄い勢いで盛り上げ、盛り上がるのが【たまご遊園地夏祭り】です。

5.グッツが無駄にオシャレ

たまご遊園地夏祭りで注目したいのが、オリジナルTシャツなどのグッツ。実行委員会には5人のグラフィックデザイナーがいるので、つくられるグッツが無駄にオシャレなのが【たまご遊園地夏祭り】です。

おまけ「実行委員会のオモシロメンバーたち」

そして、今回からシリーズでお届けするのが、実行委員会のオモシロメンバーたち。この人たちがいるからこそ、大盛り上がりの夏祭りが実現できちゃうのが【たまご遊園地夏祭り】なんです。

今回クローズアップするのは、実行員会のひとり、秋田市中通でハンバーガーショップのオーナーで今年厄年の柴田大輔さん。

柴田さんは秋田市手形出身の42歳。以前は、東京でパン職人を4年、コックを8年経験したのち、地元秋田市に帰省。4年前から現在店舗がある中通にハンバーガーショップ【中通りサティスファクション】をOPENさせた。

こちらが店内の雰囲気。いつも、常連さんを始め、老若男女の幅広いお客様がお店を訪れます。

中通りサティスファクションの一番人気メニューを伺ったところ・・・こちらが一番の人気メニュー!

チーズバーガー(錦バーガー+チーズ)850円

店の基本メニューのハンバーガー「錦バーガー」にチーズが乗せたのが、【チーズバーガー】。特徴は何といっても、「秋田錦牛100%使用のパテ」

柴田さんが、お店をOPENされる時に、せっかくやるなら、「秋田の食材を使いたい」との想いから、秋田の食材を中心に色々と探していたところ、近所にある「ミートショップちくれん」(秋田県畜産農業協同組合が運営)から秋田錦牛を勧めらたのがきっかけだったそうです。色々な肉で試作を繰り返した中で、秋田錦牛を使ったパテが抜群に「味と香り」が良かったので、使用することを決定。パテは常に牛肉の秋田錦牛100%を使用しており、土・日で12キロくらい仕入れているとのこと。「ミートショップちくれん」も立地的に徒歩1分程度なので、メイン食材が仕入れやすいのが良いみたいです。

野菜もなるべく秋田の野菜を使用。トマト、レタス、玉ねぎ、クレソンは季節によって仕入先を変えているそうですが、なるべく秋田の野菜を使用していて、マッシュルームには「秋田白神アワビ茸」を使用している。

パテと同じくクオリティが高いのが「パン」。

柴田さん自身がパン職人として修行を積んでいたこともあり、自家製で、毎朝生地を仕込んで焼いている。毎朝8時半から仕込み始め、11時半の開店と同時に焼き上がります。パンは、「湯種パン」と呼ばれる種のもので、モチモチとした食感が特徴的。

材料はシンプルで、小麦、塩、イースト、水、バターのみを使用して作られています。特に苦労は無いと話していたが、「生地ができるタイミングでの生地温度がポイント」と柴田さんはおっしゃっていました。その日の状況によって、調整しているんだそう。

パンを作る過程で、一次発酵(分割、成形)で1時間(27℃・湿度70%)、二次発酵で1時間(37℃・湿度80%)がポイント。

パテ、パン含めその他のメニュー、テリヤキソース、チリソースは手作りで、全体的に無添加食品・食材を使用しています。※チャップ、マヨネーズは既成商品を使用

徹底したこだわりですね。本当にスゴ過ぎます。

そんな職人・柴田さんがオススメするメニューはこちら!

ベーコンチーズバーガー(錦バーガー+ベーコン)1,000円

チーズバーガーにベーコン150円をトッピング

こちらのハンバーガーは、秋田ノーザンハピネッツに所属している外国人選手に人気のメニュー。理由を聞いたところ、バーガーに「ベーコン」と「チーズ」をトッピングするのが本場アメリカの方が定番で注文するものだからだそう。カリカリに焼いたクリスピーな食感なベーコン。しっかり焼いてカリカリにするのが本場の楽しみ方だそうだ。

外国の人や、中通りサティスファクションに訪れる女性は、とにかくトッピングするのが好きみたいです。中通りサティスファクションにはトッピングも充実。

[トッピング]
ALL 80円 【チーズ、テリヤキソース、フライドエッグ】
ALL 100円【マッシュルーム】※秋田県白神アワビ茸
ALL 150円【ベーコン、チリソース、アボカド】

アボカドをトッピングしたハンバーガー(左)、テリヤキソースをトッピングしたハンバーガー(右)

外国の人は、トッピングだけではなかった!細かなところへの要望もあるんだそう。例えば、「生の玉ねぎがダメなので炒めてほしい」など・・・そんな細かな要望も受けていただけるのですね!お客様にとっては嬉しいですね。特に、アメリカの方は[バーベキューソース]がとくかく好きみたいで、好きな人はパンにべったり塗って食べるくらい好きみたいです。特に秋田ノーザンハピネッツの選手は多用しているので、店に常備しているとか。こちらが、そのバーベキューソース。

そして、中通りサティスファクションは「季節感」にもこだわっている。例えば・・・

春は、自ら山にバッケを採りにいって、「自家製バッケ味噌ソース」を作って使用してみたり・・・

夏は自家製サルサソースをハンバーガーに盛りっと・・・

秋は、4種類のきのこをガーリックバターでソテーして、たっぷりと使ってみたりと・・・

そして、またまた柴田さんがオススメする、これからの季節に合う組み合わせを教えてもらった!それは!

チーズバーガーにベーコンのトッピングに生ビール! 1500円

おっと!お店の魅力に引き込まれて、肝心のたまご遊園地夏祭りについて話を聞いてなかったーーーー

柴田さんにお伺いします。

Q:たまご遊園地夏祭りには、いつから参加されているのですか?

2年目からの参加なので、今年で4回目の参加です。実行委員長に声をかえてもらったのがきっかけです。

Q:たまご遊園地夏祭りでは、どのような事を担当されているのですがか?

かき氷担当です。去年は氷が無くなって売り切れました!今年もかき氷担当を予定していますが、もしかしたら、中通りサティスファクションのパンが登場するかも???

Q:柴田さんにとって、たまご遊園地夏祭りの魅力とは?

普段関わらない異業種の方々と一緒にイベントをやるので、刺激的で楽しいです。普段はお店から出ないし、他の業界の方と関わることがないので、貴重な時間だと思っています。自分にとっても非常に刺激的なイベントだと思います。

たまご遊園地夏祭りではカラオケもあり、櫓の上で歌えます。昨年は私も熱唱させていただきました(笑)

Q:どんな方に来てもらいたいですか?

地元の中通りに住んでいる人たちはもちろんですが、中通の雰囲気に触れてみたい人たちや、「ほっこり&ゆっくり」とした雰囲気を楽みたい人たちに来てもらいたいです。

その、今年開催される「たまご遊園地夏祭り2017」の日程が決定しました!

【たまご遊園地夏祭り2017】

日時:8/20(日)14:00〜20:00
場所:秋田市中通三丁目街区公園(通称:たまご遊園地orたまご公園)
住所:秋田県秋田市中通3丁目4−10 たまご公園
問合:018-836-3331(たまご遊園地夏祭り実行委員会事務局)
駐車場: たまご遊園地(中通三丁目街区公園)に駐車場はございません。お車での来場の際は近隣の有料駐車場をご利用ください。近隣施設への無断駐車、路上駐車等は絶対にお止めください。

ぜひ、お友達、ご家族をお誘いの上、ご参加ください!

「待っとるぞーーーーーーーーー!」

取材協力

中通りサティスファクション

営業:11:30〜21:00(L.O. 20:30) LUNCH 11:30〜15:00
住所:秋田市中通6丁目1-5 マンション長峯1F
問合:018-893-4886
駐車場: 近隣に2台
休み:木曜日

PHOTOX(フォトックス)

今回、中通りサティスファクションの撮影をしていただいたフォトグラファーは、笑顔がステキなPHOTOX代表の菅野証さん!

Dream Photo

株式会社Dream Photo代表 フォトグラファー菅原淳さん
たまご遊園地夏祭りでは、いつもステキな撮影をありがとうございます♪

この記事を書いたライター

ライフ編集部

秋田県を中心に生活のおもしろお役立ち情報をお届けします。

このライターの書いた記事をみる

この記事が気に入ったらいいねしよう!

関連記事

LIFEのカテゴリ

秋田のおすすめ情報

カテゴリランキング