秋田発!生活のおもしろ情報満載

遊ぶ

遊ぶ情報を発信しています。

【しいたけ冬物語】副菜からメイン料理までアレンジ自在!

2018-02-23

しいたけはちょっぴり地味なイメージがありますが、煮ても焼いてもおいしい万能食材なんです。香り良し!うま味良し!それでいてとってもヘルシー!今回は心も体も温まる、「しいたけの白ワインソース」「しいたけのカプチーノスープ」「しいたけとタコのエスカルゴバター」のレシピをご紹介します!

しいたけの白ワインソース


作り方と材料はこちら
<材料>(4人分)

・鮭(両面に塩・こしょうで下味をつけておく)・・・4切れ
・塩・こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
・オリーブ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
【白ワインソース】
・にんにく(みじん切りに)・・・・・・・・・・・・2かけ
・しいたけ(石づきを取り除いて薄切りに)・・・・・6~8枚
・白ワイン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100cc
・砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
・生クリーム(動物性)・・・・・・・・・・・・・・80㏄
・バター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30g
・パセリ(茎を取り除きみじん切りに)・・・・・・・2本

<作り方>
①フライパンにオリーブ油を熱し、鮭を加えてしっかり火を通す。

8割ほど火を通すために落しぶたをする(フライパンのふたでも可)。

②容器に鮭を取り、同じフライパンを中火にかけ、にんにく・しいたけ・白ワインを加えて混ぜ合わせる。

③火にかけて水分が出てきたら、砂糖を加えてゆっくり煮詰める。

④水分が飛んで少なくなったら、生クリームを加え弱火で軽くグツグツと気泡が出るまで煮詰め、バターを加え溶かし、塩・こしょうで味を調える。

バターにも塩分があるので塩は少なくてOK。生クリームを入れ軽く煮詰めたら、分離しないように鍋を火から下ろしましょう!

⑤ソースを鮭全体に絡めて、パセリをふりかければ完成!

付け合わせにコブサラダを盛り付けて華やかに!

続いて……

しいたけのカプチーノスープ


作り方と材料はこちら
<材料>(4人分)

・しいたけ(石づきを付けたまま粗く刻んでおく)・・・6~8枚
・長ねぎ(白い部分を小口切りに)・・・・・・・・・・1/2本分
・バター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10g
・スープ(お湯500㏄に固形スープの素1個)・・・・・・500㏄
・豆乳・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200㏄
・塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1/3
・黒こしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
・にんにく(お好みでみじん切りに)・・・・・・・・・1/2かけ
【トッピング】
・セルフィーユまたはパセリ・・・・・・・・・・・・・適宜

<作り方>
①鍋にバターを熱し、中火でにんにく・長ねぎ・しいたけを炒める。

②軽く全体を炒めたらスープを注ぎ、沸騰したら火を弱めてふたをし、約5分煮込む。

③火を止め、粗熱が取れたら豆乳を加えてミキサーにかける。
 温かいうちにミキサーにかけることでカプチーノ感が出ます。冷たい豆乳を入れると温度は下がりますが、湯気が落ち着いてからミキサーに入れましょう。あまり熱いと故障する原因になるので要注意!

④鍋に戻し、火にかけて塩で味を調える。

⑤器に盛り、黒こしょうをふって完成!

一口飲めば、心も体もポカポカに♪

最後に……

しいたけとタコのエスカルゴバター


作り方と材料はこちら
<材料>(4人分)

・しいたけ(味が染みやすくなるよう石づきをもいで取り除いておく)・・8枚
・蒸しタコ(1cm幅の乱切りに。エビ、イカでもOK)・・・・・120g
・オリーブ油・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ3
・レモン汁・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
・バケット・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜
【エスカルゴバター】
・バター(常温に戻しておく)・・・・・100g
・玉ねぎ(みじん切りに)・・・・・・・40g
・にんにく(みじん切りに)・・・・・・2かけ
・塩・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1/3
・パセリのみじん切り・・・・・・・・・大さじ3

<作り方>
①ボウルにエスカルゴバターの材料を入れて混ぜ、滑らかになるまで練っておく。

②しいたけにエスカルゴバターの半量を詰めておく。

③小鍋に残りのエスカルゴバターとオリーブ油を入れて火にかけ、バターが溶けてきたらしいたけを並べる。

④しいたけに詰めたバターが透明になり溶けてきたら、蒸しタコを間に加えて軽く火を通す。火を通し過ぎると蒸しタコが固くなるため要注意!

⑤レモン汁を加えて火から下ろす。

⑥熱いうちに器に盛り、バケットを添えて完成!溶けたバターがおいしいので、たっぷりつけて召し上がれ!

スキレットでそのまま出すとおしゃれ!

今回ご紹介したレシピは、料理講師 有坂和美(ありさか かずみ)さんより教えていただきました。ぜひ、レパートリーの一つに加えてみてください!

【PROFILE】
料理講師 有坂和美さん
クッキングサロン「Platinum Kitchen」主宰。料理イベント講師、料理コンテスト審査員、講演、マナー講座講師などを務める。現在、秋田テレビ「JAみどりの広場」に出演中。

◎AKT秋田テレビ「JAみどりの広場」
毎週土曜日(11:00~11:25)、秋田の農業や農畜産物の魅力をお伝え!
※放送時間および内容は変更になる場合があります。
ホームページはこちら!
http://www.akt.co.jp/info/midori

掲載協力:JA秋田中央会

この記事を書いたライター

ライフ編集部

秋田県を中心に生活のおもしろお役立ち情報をお届けします。

このライターの書いた記事をみる

この記事が気に入ったらいいねしよう!

関連記事

LIFEのカテゴリ

秋田のおすすめ情報

カテゴリランキング