秋田発!生活のおもしろ情報満載

感動・癒し

感動・癒し情報を発信しています。

【東京カメラ部×ニコン「山のある風景写真」フォトコンテスト】最優秀賞受賞フォトグラファーが秋田にいた

2015-12-07

【東京カメラ部×ニコン「山のある風景写真」フォトコンテスト】で『最優秀賞』を受賞したフォトグラファーが秋田にいた!

彼の名は…

本間 昭文(Akifumi Honma)


【プロフィール写真提供@Ugachi Takako】

秋田市出身の41歳。本業は何と!バイク屋を経営。フォトグラファー歴は約3年。
今年、受賞したコンテストはこちら
■第33秋田県写真公募展 秋田魁新報社賞
​■Honda with 東京カメラ部写真展 部門大賞
​■さきがけフォトサロン冬 佳作
​■鳥海高原菜の花フォトコンテスト 入選
​■さきがけフォトサロン夏 佳作
​■東京カメラ部×ニコン『山のある風景写真館』フォトコンテスト グランプリ

本間さんはフォトグラファーを本業とはせず、バイク屋を経営しながら、最初は子どもの記録写真を残していこうと一眼レフを購入したのがきっかけ。
それからというものの、秋田は自然に恵まれているので、風景を撮るうちにカメラの魅力に引き込まれ、カメラの世界にのめり込んでいったのだそう。

本間さんが「初めてちゃんとした写真が撮れたかなぁってやつ!」という始めたころに撮影した写真がこちら

どこの風景か分かりますか?
これは、八郎潟から眺める沼と五城目の森山。
凄すぎませんか?心穏やかになる1枚です。

それからは、秋田を中心に、東北各地に足をのばし、四季折々の景観をはじめ、星空の写真を撮り続けている。

本業のバイク屋があるので、撮影は夜と朝の写真が多くなっているんだそう。

そんな本間さんの作品を少しですが、紹介します。

▼2015年 秋の蔦沼

その日、その時間、日のあたる角度によって、美しい景色が色んな表情を出してくれる。美し過ぎる。

本間さん曰く

「ここは、去年初めて訪れたときから僕にとって、とても魅力的な場所でどうしても秋の時期にはにははずせない紅葉名所でした。
そして、今回はこの時期に何回か行って来ましたが、やはりとても素晴しいところでした。
天気の良い紅葉ピーク時は200人近く行列が出来ますが、勿論、全てに日一番乗りで真夜中から一人でゆっくり星景を撮っていました!!
その時々にまったく違う表情を見せてくれる蔦沼はこれから冬にかけても目が放せませんね~!!秋の蔦沼は出来る限り毎年行きたいと思います。」

紅葉の写真も素晴らしいですが…

【東京カメラ部×ニコン「山のある風景写真」フォトコンテスト】で『最優秀賞』を受賞した作品がこちら!

本間昭文さんを突撃インタビュー!

山をテーマとしたこのコンテストで最優秀賞を頂けたのは本当に嬉しく思っております。
さらに、日本には沢山素晴しい山があるのですが、地元秋田県の鳥海山の写真がこの様な賞を取れたことを誇らしく感じます。
そして、この写真は友人の近藤君と夜の鳥海山にナイトハイクした時のもので、彼なくしてこの作品は撮れなかったでしょう。本当に感謝してます。
そして今回は商品としてNikonのレンズAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDを頂きました!!これはとても嬉しいですね~!!このレンズを使ってこれからも素晴しい作品を撮り続けたいと思います。

そんなニコンのフォトコンテストの写真と同じ日に撮影したカットがこちら

そんな本間さんは秋田にこだわっていて、

秋田の素晴らしい景色を知ってもらい、秋田に訪れる人を増やしたい

とおっしゃっていました。

男鹿の入道崎もこんな雰囲気で

▼Honda with 東京カメラ部写真展 部門大賞

▼東京カメラ部2015写真展 [日本の47枚]写真コンテスト

▼第33秋田県写真公募展 秋田魁新報社賞​

LIFE編集部では、今後本間さんとコラボして撮影をしていきたいと思います!

乞うご期待!

ちなみに、最優秀賞をとった際に一緒に山に登った時の相方を撮った写真もステキです。

この記事を書いたライター

ライフ編集部

秋田県を中心に生活のおもしろお役立ち情報をお届けします。

このライターの書いた記事をみる

この記事が気に入ったらいいねしよう!

関連記事

LIFEのカテゴリ

秋田のおすすめ情報

カテゴリランキング