秋田発!生活のおもしろ情報満載

企業

秋田県内の企業のご紹介

  • マスメディア > 新聞

ブライダル情報紙 Bouquet

〒010-8601 秋田市山王臨海町1-1

018-888-1862

http://bouquet.sakigake.jp/

業務内容

秋田のブライダル情報紙「Bouquet(ブーケ)」
皆さまに支えられてHappy創出情報紙「ブーケ」は5周年を迎えることができました。
心より感謝申し上げます。これからもブーケ編集部は、結婚や家族などをテーマに皆さまがワクワクドキドキできるHappyを伝えて参ります。今後ともよろしくお願いいたします。
秋田のブライダルポータルサイト「BOUQUET ブーケネット」もご覧ください。

関連記事

array(1) {
  [0]=>
  array(17) {
    ["editor_post_id"]=>
    string(3) "294"
    ["editor_id"]=>
    string(1) "6"
    ["post_title"]=>
    string(93) "あじさい寺 雲昌寺【奇跡の雲昌寺ブルー×ロケフォトウェディング】"
    ["start_date"]=>
    string(10) "2018-07-18"
    ["end_date"]=>
    NULL
    ["end_date_day"]=>
    string(2) "30"
    ["post_category_id"]=>
    string(1) "4"
    ["post_body"]=>
    string(24065) "

3つの青が織りなすブルーの世界【雲昌寺ブルー】でブライダルロケーションフォト!

秋田県男鹿市北浦にある曹洞宗 雲昌寺。その雲昌寺に、いま日本全国、海外からも多くの人が訪れています。その理由が、お寺の境内一面に咲き誇る青いあじさいです。すごいのは、あじさいだけではありません。一面の青いあじさいと海と青空、3つの青が織りなす唯一無二の青の世界が雲昌寺の魅力。その青い世界はまさに奇跡の「雲昌寺ブルー」。今回は、LIFE編集部で以前取材させていただいたブライダルフォトクリエイティブ集団 kami-hanaチームの皆さんで、この青いあじさい一面の雲昌寺さんで、ブライダルロケーションフォトの撮影を行うとお聞きしたので、取材させていただきました!

その前にあじさい寺 雲昌寺の紹介をさせていただきます。「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」「日本の絶景編2017 ベスト絶景」に選ばれたこともあり、2018年はJR東日本のポスターをはじめ、地元のテレビ局だけではなく、全国放送のテレビ取材や新聞、雑誌など多くのマスメディアがあじさい寺 雲昌寺を取り上げています。そう!まさに!

いま、日本一行ってみたいお寺。

写真は、雲昌寺ブルーを創り出したあじさい寺 雲昌寺の副住職の古仲宗雲(しゅううん)さんのFacebookから(「朝だ!生です旅サラダ」の取材の模様)。

そして、訪れた方がSNSに画像を投稿している人が多く、それが県外、国外の人に伝わって話題になっていると思われます。

そんなあじさい寺 雲昌寺は、ここ数年で、秋田県の新たな観光名所として注目されており、今年は、4万人を超えるお客様が訪れているとか・・・すごい!

この青いあじさいは、15年におよぶ歳月を費やし、副住職の古仲 宗雲(しゅううん)さんの手によって、1株から株分けをして広げられたんだそう。副住職の古仲さん曰く、「日中のあじさいはもちろん綺麗ですが、朝や夕方のあじさいも綺麗です。あじさいにはその時間や天候によって違う表情を出します。」とおっしゃっていました。こちらは、日中のあじさい寺 雲昌寺。

夕暮れの雲昌寺。

雲昌寺のあじさいの特徴は、株の多さもさることながら、花の数がとにかく多く、密集していているので、一面濃い青色の世界になるんだそう。

境内には、竹林もあり散策できるように整備されています。風情があって素敵です。


そして、古仲さんの遊び心はこんなところまで!「ハートの石」です。

境内には7つのハートの石があって、すべて見つけると願いが叶うとか・・・あじさいを鑑賞しながら、探してみてはいかがでしょうか?

こちらは、最近全国的にも人気がある御朱印状も素敵です。


今年から、雲昌寺オリジナルグッツも展開しています。ブースの背景が竹林って!おしゃれです。

Tシャツ、トートバック、ハンカチ、手ぬぐい、便箋などが販売されていました。

残念ながら、今シーズンはほぼ完売状態とのことでした。来年もどんなデザインのグッツが登場するのか楽しみです。

ババヘラも、進藤冷菓さんとコラボされた、雲昌寺オリジナルババヘラが登場、多くの人が食べていました。

 

その他、あじさいを眺めながら、コーヒーや抹茶、和菓子を楽しむことができるカフェスペースも充実。・・・雲昌寺さんの紹介だけでボリューミーになってしまいましたが。今回の取材の目的の一つでもある、ブライダルロケーションフォトを紹介します。この企画は、秋田のブライダル情報紙「Bouquet(ブーケ)」さんと、ブライダルフォトのクリエイター集団「kami-hana」とのタイアップ企画です。7月17日(水)発行のブーケの表紙を飾ります!

【あじさい寺 雲昌寺ブルー×kami-hana】プレゼンツ!ブライダルロケーションフォト

もう早速紹介しちゃいます!

たくさん撮影した中から紹介するのはこちらの2カット!1カット目は、「あじさい×海×空3つのブルーが織りなす奇跡の雲昌寺ブルー」の中でのブライダルロケーションフォト。

2カット目は、一面に咲き誇る青いあじさいと雲昌寺外観をバックに。

どちらも素晴らしい写真ですね!大成功だったのではないでしょうか?スチールで撮影したカットは最後に映像で色々なバージョンを見ることができます!ぜひ、そちらもご覧ください。

スチールの撮影しているのを、隠し撮りするように動画チームも動いていました。観覧するお客様がかなり多かったので、ほんの少ししか撮影できませんでしたが、青の世界観を映像で演出。カメラマン&編集の近藤さんは、もう少し撮りたかったみたいですが・・・。雲昌寺で流れているジャズをBGMに!カッコいい!

今回の撮影メンバーはこちら!雲昌寺の古仲さんと!

モデル:金 永大、小田嶋 七海、フォトグラファー:菅原 淳(Dream Photo)、フローリスト:金森 弘至(greenpiece)、ヘアメーク:北嶋 祐子(Luminous beauty care)、カメラマン:近藤 康洋(mel digital)、アシスタント:佐々木 綾菜(Dream Photo)、鈴木 健一(Dream Photo)、プロデュース:三浦 亮(PRODUCE PRO)、衣裳:ブライダルスペース・マリエ、ロケーション:あじさい寺 雲昌寺 古仲 宗雲さん

撮影中の雰囲気のカットも少しご紹介します。

モデル:金 永大、小田嶋 七海

撮影:菅原 淳(Dream Photo)

ベストなショットをねらうべく、躊躇なく地面に寝そべっての撮影(笑)

フローリスト:金森 弘至(greenpiece)

今回も素敵なブーケとヘッドをデザイン。雲昌寺さんから特別協賛であじさいを提供いただきました。

これは、素敵過ぎます。

ヘアメーク:北嶋 祐子(Luminous beauty care)

いつものkami-hanaとは違う世界観でしたが、素敵なヘアメークしてくださいました。

プロデュース:三浦 亮(PRODUCE PRO)、カメラマン:近藤 康洋(mel digital)

限られた時間と限られた空間の中での撮影。

アシスタント:佐々木 綾菜(Dream Photo)

セカンドカメラマンや照明やらお疲れ様でした!素晴らしい動きを見せた二人。

アシスタント:鈴木 健一(Dream Photo)

衣裳:ブライダルスペース・マリエ

東北最大級のドレスショップです。素敵な衣裳協力ありがとうございました!ロケーションフォトができる商品も揃えています!まもなく、衣裳専門店のフォトスタジオもOPEN予定です!

ロケーション:あじさい寺 雲昌寺

今回も、クリエイターの皆さんが限られた時間、限られた空間の中で最高のパフォーマンスを発揮していただきました。

平日にも関わらず、多くの観覧されているお客様がいる中での撮影は非常に大変。来年から、ブライダルロケーションフォトができるかも??

こちらの映像はDream Photoチームが撮影したその他のロケーションPHOTO画像で制作した映像です。こんな素晴らしいロケーションでブライダルフォトはいかがですか!?※映像はLIFE限定公開となっております。

雲昌寺さんのご紹介です。〜7/22(日)までですが、雲昌寺さんのあじさいを見ることができます。まだ、行ったことがない方は是非、足を運んでみてください。その素晴らしさを実感することができます。

【雲昌寺のあじさい】

■観覧期間 2018年6月9日(土)~7月22日(日)  
■観覧時間 9:00~17:00(土日祝日は18:00まで)
■入場料(維持管理協力金):大人300円 中学生以下無料
■住所:秋田県男鹿市北浦北浦字北浦57
■駐車場 期間中は周辺に臨時駐車場を準備しています。

【ブライダル情報紙 Bouquet(ブーケ)

秋田のブライダル情報紙ブーケもご覧ください!

 

 

 

" ["post_digest"]=> string(413) "秋田県男鹿市北浦にある曹洞宗 雲昌寺。その雲昌寺に、いま日本全国、海外からも多くの人が訪れています。その理由が、お寺の境内一面に咲き誇る青いあじさいです。すごいのは、あじさいだけではありません。一面の青いあじさいと海と青空、3つの青が織りなす唯一無二の青の世界が雲昌寺の魅力。" ["post_image"]=> string(122) "//life-fun.info/storage/9bf31c7ff062936a96d3c8bd1f8f2ff3/images/unsho-ji/2018bridal-photo/K1010248_20180502055603-LIFE.jpg" ["access_count"]=> string(4) "1756" ["m_access_count"]=> string(3) "457" ["visible"]=> bool(true) ["deleted"]=> bool(false) ["created"]=> string(19) "2018-07-17 14:48:14" ["updated"]=> string(19) "2018-08-03 11:36:56" ["EditorPostsCompany"]=> array(3) { ["editor_posts_company_id"]=> string(3) "225" ["editor_post_id"]=> string(3) "294" ["company_id"]=> string(3) "121" } } }

LIFEのカテゴリ

カテゴリランキング