秋田発!生活のおもしろ情報満載

企業

秋田県内の企業のご紹介

  • 飲食 > レストラン

ビアレストラン楽市

〒010-0001 秋田県秋田市中通6-12-8

0120-107-475

https://rakuichi.iyataka.co.jp/index.html

業務内容

ビアレストラン楽市は、秋田駅から徒歩5分・市民市場から徒歩1分。
コンセプトは「食為民天 極楽満足」。和洋中が融合した創作料理が魅力のビアレストランです。
樽生ビール、日本酒、ワイン、焼酎、梅酒、カクテルなど種類豊富な飲み放題が人気。
少人数向けのソファー席から100名収容可能な大部屋も完備し、様々な利用シーンにお応えいたします。

関連記事

array(1) {
  [0]=>
  array(17) {
    ["editor_post_id"]=>
    string(3) "310"
    ["editor_id"]=>
    string(1) "6"
    ["post_title"]=>
    string(105) "秋田駅前で本格中華が期間限定で味わうことができる!これは行くしかない!"
    ["start_date"]=>
    string(10) "2018-10-11"
    ["end_date"]=>
    NULL
    ["end_date_day"]=>
    string(2) "30"
    ["post_category_id"]=>
    string(1) "3"
    ["post_body"]=>
    string(15981) "

秋田駅前徒歩5分のレストランで期間限定の本格中華が味わえちゃう!秋田美人2人で中華料理女子会を楽しむ♪

秋田駅から徒歩5分、秋田市民市場近くにあるビアレストラン楽市で10月末までの期間限定で「中華フェア」が開催されている。どこでもありがちな「中華フェア」だが、楽市の中華フェアはかなり本格的。その理由は、中華料理を監修されている料理人だ。その監修している方は!

中華料理人  馬 旭(マー・シュ)氏

マーさんは、中国国家特級技能士。ロイヤルキッチンワールド協会会員シニアメンバー、広東料理中国版ミシュラン審査員を務めている。瀋陽シェラトンホテル、天津ハイアットリージェンシー、グランドハイアットホテル瀋陽料理長、秋田市中国料理甜甜酒楼料理長、イヤタカ。

そのマーさん監修の本格中華料理がお財布に優しい特別価格で味わえるとのことでしたので、LIFE編集部は秋田美人のおふたりと中華フェアがどれだけ本格的で満足度の高いものなのか?を体験してきました!

中華フェアを開催しているお店は、秋田駅前徒歩5分。秋田市民市場の近くにあります「ビアレストラン楽市。」

ビアレストラン楽市のコンセプトは「食為民天 極楽満足」。和洋中が融合した創作料理が魅力のビアレストラン。編集部スタッフは、かれこれビアレストラン楽市歴約20年になりますが、自分の中での楽市といえば!こちら!「キムチチャーハン」。辛さのきいたキムチがたっぷり!そしてトロリとした温泉卵が混ざり合い、まろやかな味わいに。絶品ですね。

ビアレストラン楽市の魅力はドリンクにも。樽生ビール、日本酒、ワイン、焼酎、梅酒、カクテルなど種類豊富なドリンクが揃っており、特に2時間1,500円の飲み放題が大人気。カップル向けのソファー席から、家族向けのボックス席、小宴会に嬉しい中二階席、会社の宴会や結婚式の二次会など100名の宴会ができるスペースも完備。

様々な利用シーンに対応できるレストランです。

お待たせしました。今回ビアレストラン楽市が開催している「中華フェア」を体験していただくLIFE秋田美人はこのお二人!

以前LIFEのでゲストハウス男鹿でSUP体験をしていただいた高橋 望さん(左)とLIFE編集部で様々なシーンで登場いただいている真坂 はづきさん(右)。普段から毎月のように語り飲みをするほど仲の良いおふたり。まずは、中華を楽しむ前に乾杯〜♪

ビアレストラン楽市の「中華フェア」は9月から開催しており、毎月メニューを変えて行なっているとのこと。今回の取材は10月に開催している中華料理全6品をおふたりに味わっていただく模様を取材しました。さっそく料理を紹介していきます!

一品目は!

ポークトロの特製チャーシュー 550円

見るからに美味そう。こちらの料理は、日本で馴染みのない「バラのリニュール」と「中国にある”豆腐の漬物”」のつけ汁でポークトロを漬け、オーブンで焼き上げた一品。

バラのリキュールはこちら。ポークトロへの香りづけだそうです。

豆腐の漬物???

豆腐の漬物を少しつまませていただきましたが、「酒ガスがしょっぱくなった感じ」という味わいです。続いての一品は!

鶏肉の辛し炒め 600円

中華料理の王道ともいえる一品。鶏肉とカシューナッツの辛し炒め。豆板醤とラー油などで味付けがされており、後から来るジワーッとくる辛さがたまりません。

 

海老のニンニクパン粉炒め 700円

こちらは、殻も食べれるソフトシェルシュリンプを使用。ニンニクはフライドガーリックと豆豉(大豆を発酵させたもの)を混ぜて炒めた一品。味付けはシンプルに塩胡椒で、これは間違いなくビールに合います。

つづいては

皮付きバラ肉の黒酢風味 650円

ゼラチン質の多い皮付きのバラ肉で調理。黒酢仕立て。これは説明しなくても美味さが想像できますね。

 

五目チャーハン 600円

こちらも中華の王道ですね!具材はチャーシュー、エビ、ネギ、ニラ、人参。パラパラに仕上がっていて、旨味に深みがあって美味しい一品です。

そして、最後はデザートのこちら!

馬さんの長芋のデザート 300円

長芋??って不思議ですね。でも、これが絶品。長芋を蒸してフードプロフェッサーで練乳と牛乳を入れて延ばしてから冷やすだけ。

クリーミーでムース感があって、ブルーベリーソースと合います!一人前を1人で食べるとかなりの食べ応えです。

以上がビアレストラン楽市の「中華フェア」の10月の限定メニューとなります!どれも本格的で、しかもリーズナブル!ふたりで本格中華を6品食べても3,700円です!(デザートは2品)すごいお得で財布に優しい・・・。これはデートにもお食事にも、宴会にもおすすめですね!おふたりから中華フェアを体験してもらった感想をいただきました。

高橋 望さん

「ビアレストラン楽市の中華フェア、とにかく値段がリーズナブル!全てのメニューが中国人シェフ監修ということもあって、ポークトロの特製チャーシュー&皮付きバラ肉の黒酢風味は一味違う風味があって特にオススメです♪長芋のデザートは、一体どんな味なのか想像もつきませんでしたが、食べてビックリ!激ウマでした!(笑)これだけでもまた食べに行きたいくらい美味しく頂きました♪」

真坂 はづきさん

「手軽に、美味しく楽しめる中華フェアでした!大皿イメージの中華ですが、価格も量も丁度良いので2人でもたくさんの品目をペロリと食べられました。異国感のあるスパイス…お酒が進みますね。長芋のデザートは、カボチャのようなほっくり感に栗のような味のムースでびっくり!秋らしい一品でした!」

「ん?ん?ちょっと待ったーーーーーー!」

真坂はづきさんから「麻婆豆腐がない!麻婆豆腐が食べたい!」とのリクエストが!

いやいや今回のフェアには無いですからーーーーそんな無理なお願いできませんよね??

ビアレストラン楽市の増子店長が「できますよ!」三浦シェフに麻婆豆腐調理の伝達が!

「え!?できるんですか??」言ってみるものですね(笑)

現在はメニューにはない麻婆豆腐ですが、お願いすれば作ってもらえるかも?だそうです。

麻婆豆腐 550円

これには女子ふたりは大喜び!今回は辛いの大好きはづきさん向けに四川風(中国の山椒を使用、豆板醤も2種類使用)に調理。五目チャーハンにたっぷり麻婆豆腐をのせて・・・んーたまらなく美味い。

辛党のはづきさんは「もっともっともっと辛くて良い」って話されていました。信じられん・・・汗が止まらん・・・

今回取材でご協力いただいたビアレストラン楽市のご紹介です。

【ビアレストラン楽市 忘年会プランのメイン鍋】

肉三昧のおすすめ「肉すき鍋」

11月〜1月までの3ヶ月限定コースのメインとして登場。肉に特化した最強のすき焼き鍋。

牛ホルモン、鳥つくね、豚バラ3種の肉を味わえます。突然のすき焼き鍋登場に女性陣も大喜びです。

ビアレストラン楽市の忘年会プランは、合計7品。お一人様5,000円(料理7品、2時間フリードリンク付き)です。

秋田の地酒もコース内に入っており、満足感たっぷり。秋田美人のおふたりにも味わってもらいました。

こちらは春霞 純米酒 赤ラベル

最後に、ビアレストラン楽市からもコメントをいただきました!

店長の増子 達也さん

今年のビアレストラン楽市の忘年会プランのメインとなる肉三昧の鍋ですが食べたらやみつきになります!他にも豪華料理や厳選した日本酒をご用意して提供致しますので、ぜひ今年の忘年会はビアレストラン楽市で過ごしてはいかがですか?皆様のご予約をお待ちしております。

シェフの三浦拓真さん

今回の中華フェアは本格中華料理を提供します。期間限定ですが食べたら満足間違いなしですので、ぜひビアレストラン楽市にお越しください!

 

 

 

" ["post_digest"]=> string(378) "秋田駅から徒歩5分、秋田市民市場近くにあるビアレストラン楽市で10月末までの期間限定で「中華フェア」が開催されている。どこでもありがちな「中華フェア」だが、楽市の中華フェアはかなり本格的。その理由は、中華料理を監修されている料理人だ。その監修している方は!" ["post_image"]=> string(108) "//life-fun.info/storage/9bf31c7ff062936a96d3c8bd1f8f2ff3/images/iyataka/201810rakuichi-chuka/rakuichi151.JPG" ["access_count"]=> string(3) "218" ["m_access_count"]=> string(3) "194" ["visible"]=> bool(true) ["deleted"]=> bool(false) ["created"]=> string(19) "2018-10-01 16:49:53" ["updated"]=> string(19) "2018-10-12 18:27:22" ["EditorPostsCompany"]=> array(3) { ["editor_posts_company_id"]=> string(3) "236" ["editor_post_id"]=> string(3) "310" ["company_id"]=> string(3) "125" } } }

LIFEのカテゴリ

カテゴリランキング