秋田発!生活のおもしろ情報満載

企業

秋田県内の企業のご紹介

  • 車 > 新車

株式会社メルデジタル

〒010-0951 秋田県秋田市山王6丁目1-5 太平ビル3階

http://www.meldigital.jp

業務内容

CG制作、CM制作

関連記事

array(5) {
  [0]=>
  array(17) {
    ["editor_post_id"]=>
    string(2) "72"
    ["editor_id"]=>
    string(1) "6"
    ["post_title"]=>
    string(149) "【東京カメラ部×ニコン「山のある風景写真」フォトコンテスト】最優秀賞受賞フォトグラファーが秋田にいた"
    ["start_date"]=>
    string(10) "2015-12-07"
    ["end_date"]=>
    NULL
    ["end_date_day"]=>
    string(2) "30"
    ["post_category_id"]=>
    string(1) "4"
    ["post_body"]=>
    string(7826) "

【東京カメラ部×ニコン「山のある風景写真」フォトコンテスト】で『最優秀賞』を受賞したフォトグラファーが秋田にいた!

彼の名は…

本間 昭文(Akifumi Honma)


【プロフィール写真提供@Ugachi Takako】

秋田市出身の41歳。本業は何と!バイク屋を経営。フォトグラファー歴は約3年。
今年、受賞したコンテストはこちら
■第33秋田県写真公募展 秋田魁新報社賞
​■Honda with 東京カメラ部写真展 部門大賞
​■さきがけフォトサロン冬 佳作
​■鳥海高原菜の花フォトコンテスト 入選
​■さきがけフォトサロン夏 佳作
​■東京カメラ部×ニコン『山のある風景写真館』フォトコンテスト グランプリ

本間さんはフォトグラファーを本業とはせず、バイク屋を経営しながら、最初は子どもの記録写真を残していこうと一眼レフを購入したのがきっかけ。
それからというものの、秋田は自然に恵まれているので、風景を撮るうちにカメラの魅力に引き込まれ、カメラの世界にのめり込んでいったのだそう。

本間さんが「初めてちゃんとした写真が撮れたかなぁってやつ!」という始めたころに撮影した写真がこちら

どこの風景か分かりますか?
これは、八郎潟から眺める沼と五城目の森山。
凄すぎませんか?心穏やかになる1枚です。

それからは、秋田を中心に、東北各地に足をのばし、四季折々の景観をはじめ、星空の写真を撮り続けている。

本業のバイク屋があるので、撮影は夜と朝の写真が多くなっているんだそう。

そんな本間さんの作品を少しですが、紹介します。

▼2015年 秋の蔦沼

その日、その時間、日のあたる角度によって、美しい景色が色んな表情を出してくれる。美し過ぎる。

本間さん曰く

「ここは、去年初めて訪れたときから僕にとって、とても魅力的な場所でどうしても秋の時期にはにははずせない紅葉名所でした。
そして、今回はこの時期に何回か行って来ましたが、やはりとても素晴しいところでした。
天気の良い紅葉ピーク時は200人近く行列が出来ますが、勿論、全てに日一番乗りで真夜中から一人でゆっくり星景を撮っていました!!
その時々にまったく違う表情を見せてくれる蔦沼はこれから冬にかけても目が放せませんね~!!秋の蔦沼は出来る限り毎年行きたいと思います。」

紅葉の写真も素晴らしいですが…

【東京カメラ部×ニコン「山のある風景写真」フォトコンテスト】で『最優秀賞』を受賞した作品がこちら!

本間昭文さんを突撃インタビュー!

山をテーマとしたこのコンテストで最優秀賞を頂けたのは本当に嬉しく思っております。
さらに、日本には沢山素晴しい山があるのですが、地元秋田県の鳥海山の写真がこの様な賞を取れたことを誇らしく感じます。
そして、この写真は友人の近藤君と夜の鳥海山にナイトハイクした時のもので、彼なくしてこの作品は撮れなかったでしょう。本当に感謝してます。
そして今回は商品としてNikonのレンズAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDを頂きました!!これはとても嬉しいですね~!!このレンズを使ってこれからも素晴しい作品を撮り続けたいと思います。

そんなニコンのフォトコンテストの写真と同じ日に撮影したカットがこちら

そんな本間さんは秋田にこだわっていて、

秋田の素晴らしい景色を知ってもらい、秋田に訪れる人を増やしたい

とおっしゃっていました。

男鹿の入道崎もこんな雰囲気で

▼Honda with 東京カメラ部写真展 部門大賞

▼東京カメラ部2015写真展 [日本の47枚]写真コンテスト

▼第33秋田県写真公募展 秋田魁新報社賞​

LIFE編集部では、今後本間さんとコラボして撮影をしていきたいと思います!

乞うご期待!

ちなみに、最優秀賞をとった際に一緒に山に登った時の相方を撮った写真もステキです。

" ["post_digest"]=> NULL ["post_image"]=> string(125) "//life-fun.info/storage/9bf31c7ff062936a96d3c8bd1f8f2ff3/images/honmaphoto/12278743_546397938844844_4692007282132853806_n.jpg" ["access_count"]=> string(4) "4958" ["m_access_count"]=> string(3) "339" ["visible"]=> bool(true) ["deleted"]=> bool(false) ["created"]=> string(19) "2015-12-01 13:17:57" ["updated"]=> string(19) "2016-04-04 08:52:34" ["EditorPostsCompany"]=> array(3) { ["editor_posts_company_id"]=> string(2) "49" ["editor_post_id"]=> string(2) "72" ["company_id"]=> string(2) "52" } } [1]=> array(17) { ["editor_post_id"]=> string(3) "133" ["editor_id"]=> string(1) "6" ["post_title"]=> string(149) "【秋田県三種町のじゅんさい摘み取り】×【秋田美人真坂はづきちゃん】上空から撮影した映像がスゴ過ぎる!" ["start_date"]=> string(10) "2016-06-22" ["end_date"]=> NULL ["end_date_day"]=> string(2) "30" ["post_category_id"]=> string(1) "1" ["post_body"]=> string(14643) "

今が旬!夏の風物詩、秋田県三種町森岳の【じゅんさい摘み取り体験】に秋田美人・真坂はづきちゃんと行ってみた!

ゴールデンウイークが過ぎてから訪れる秋田の名産といえば!【じゅんさい】です。じゅんさいの生産量日本一とえいば、秋田県三種町。そんな旬なじゅんさい摘み取りに、秋田美人真坂はづきちゃんと行ってみた!

取材協力してくれたのは、株式会社安藤食品さん。ホームページやFacebook(Facebookページはこちら)、Twitterなどで様々な面白い取り組みや情報、商品などを発信をしている会社です。忙しい中、対応していただいたのが、じゅんさい太郎こと、安藤賢相(あんどう けんすけ)さん(35歳)と、じゅんさい次郎こと、近藤大樹さん(35歳)。おふたりは同級生で、最近いろいろな所から取材されており、注目されています。

▼摘み取り体験前の意気込みをじゅんさいのネバ〜っとした雰囲気をポーズで決めてくれました(笑)
じゅんさい太郎さん(左)・真坂はづきちゃん(中)・じゅんさい次郎さん(右)

安藤食品さんの、じゅんさい次郎さんは、ドローンや一眼レフを駆使して面白い動画を発信し続けています。Facebookを覗いていただければ、色んな映像を見ることができます。今回の取材向けに面白い映像を撮ってみた!その映像がこちら!見たことがないアングルと臨場感、じゅんさい沼のエメラルドグリーンに注目です!とにかくすごいです!

【NO JUNSAI, NO LIFE!」

じゅんさい船に仰向けに寝そべりながら乗って、ドローンが上空へ!一面じゅんさいの葉で覆われた沼が美しいエメラルドグリーン!素晴らし過ぎます!こんな面白いアングルは初めてでした!
さて、本番のじゅんさい摘み取り体験です!すでにベテランの職人さんが摘み取りをしていました。背中で物語っています。全て手作業で摘み取っていきます。

思わず、じ〜っと見入ってしまいました。屋根付きの船もあるんですね(笑)

じゅんさい次郎さんに、船の乗り方、摘み取り方などレクチャーを受けました。

じゅんさい次郎さんの背中も職人の背中で雰囲気がにじみ出てます。

じゅんさい次郎さんについていくはづきちゃん。最初は若干グラついていたものの、さすがの、はづきちゃん。ダンスを小さい頃から習っていただけに、バランス間隔が抜群です。すぐに慣れてました。

摘み取り方も丁寧に教えていただきました。ふたりの笑顔が楽しさを物語っていますね。楽しそうです♪コツは、茎の根元を指の爪と爪で摘み取るのだそう。

結構、前のめりになりながら積極的に摘み取りにいきます。

一つ一つ、丁寧に摘み取ります。何か美しい風景ですね。

「じゅんさい」は、沼や池に自生するスイレン科の植物です。茎は水底の沼の中の根茎から長く伸び、夏季にはハスの葉のように水面いっぱいに浮葉を広げます。水面下の、寒天状のぬるぬるとした透明な粘質物の付いた幼葉(若葉、若芽、新芽等と呼ばれる)や葉柄を摘んで、食します。生のものを味わえるのは、主に6月から8月上旬頃までと、僅かな期間のみです。古くから食用とされており、『古事記』や『万葉集』などに奴那波・沼縄(ヌナハ、あるいはヌナワ)という記載がみられます。江戸時代中期の『農業全書』でも、山野菜の一つに挙げられ、栽培方法についても触れられています。とても淡泊な味わいですが、水中に芽吹く「エメラルド」とも讃えられる、涼しげな風情とツルッとした食感・喉ごしが、夏の到来を感じさせてくれます。

引用:http://junsaijapan.com/URL

「採ったど〜!」(笑)

30分くらいでこの位収穫しました!

はづきちゃんも大満足!摘み取った後は…そのまま安藤食品さんへお邪魔してじゅんさいの仕分けの現場を見学させていただきました。

みなさん、真剣に仕分け作業をしています。

初めて知ったのですが、じゅんさいの仕分けは3段階に分けられていて、一番高価なじゅんさいは、1〜1.5cmの若芽で特にぷるぷるゼリー成分の多いのが高級じゅんさいなのだそう。

▼安藤食品さんの特産じゅんさい

ただ、大きいじゅんさいは味がおちるとかではなく、十分美味しいのだそうです。

採った後は…そうです!採れたてじゅんさいをごちそうになりました〜!
まずは、定番の生じゅんさいをさっと茹でて、氷水で〆ていただくこの逸品です!

安藤食品さんオリジナルのゆず醤油を入れていただきました!

さて、お味は?

「ん〜!ぷるぷる・プチプチで美味しい〜!トロットロです!」

続いては、そうです。じゅんさいといえば、こちら!だまこ鍋!

もちろん、こちらのだまこも安藤食品さんのだまこです!こちらの鍋に採れたてのじゅんさいを惜しげもなくたっぷりじゅんさいを投入!

「うぁ〜あ!じゅんさいだらけや〜(笑)」

鶏ダシがた〜ぷり出ていて、じゅんさいが光り輝いています!まさに宝石箱!

「ホクホク、ふむふむ…う、うまい!です。予想以上の美味しさ!じゅんさいと鶏肉と舞茸と鶏ダシスープ、そして手作りだまこが絡み合い、食感、味わいがそれぞれ違っていて、美味しさが凝縮されています!」

気付いた方もいらっしゃると思いますが、はづきちゃんを始め、じゅんさい太郎さん、じゅんさい次郎さん、スタッフの2名もみんな安藤食品さんが作ったTシャツを来てじゅんさい摘み取り体験をさせていただきました!「NO JUNSAI. NO LIFE!」もあれば、「I LOVE JUNSAI」などバリエーションがたくさん!缶バッチもたくさん作っており、ユーモアに溢れています。LINEのスタンプもあるので探してみてください!(LINEスタンプページはこちら

今回は、色々と対応していただいた安藤食品さん、そしてじゅんさい太郎さん、じゅんさい次郎さん、本当に貴重な体験をありがとうございました!
LIFE編集部では、秋田県内の名産をこれからもクローズアップして紹介していきたいと思います!「これを取り上げて欲しい」「取り上げるべきだ!」など意見がありましたら、ドシドシお教えください!
詳しくはこちらまで LIFE編集部まで

▼安藤食品さんの[じゅんさい商品]

▼安藤食品さんの[きりたんぽ商品]

是非、一度お試しください!詳しくはホームページをご覧ください
安藤食品ホームページ
 

▼はづきちゃんのじゅんさい摘み取りをプロモーション映像ぽく編集してみました!(笑)

はづきちゃん、めんこい秋田美人ですね!
▼安藤食品さんFacebookページでも映像が紹介されています!是非、一度覗いてみてください。本当にステキな動画がたくさんあります!

" ["post_digest"]=> string(291) "ゴールデンウイークが過ぎてから訪れる秋田の名産といえば!【じゅんさい】です。じゅんさいの生産量日本一とえいば、秋田県三種町。そんな旬なじゅんさい摘み取りに、秋田美人真坂はづきちゃんと行ってみた!" ["post_image"]=> string(100) "//life-fun.info/storage/9bf31c7ff062936a96d3c8bd1f8f2ff3/images/andosyokuhin/0615jyunsai/jyunsai.jpg" ["access_count"]=> string(4) "4157" ["m_access_count"]=> string(3) "239" ["visible"]=> bool(true) ["deleted"]=> bool(false) ["created"]=> string(19) "2016-06-20 09:41:28" ["updated"]=> string(19) "2016-08-31 09:01:01" ["EditorPostsCompany"]=> array(3) { ["editor_posts_company_id"]=> string(3) "101" ["editor_post_id"]=> string(3) "133" ["company_id"]=> string(2) "52" } } [2]=> array(17) { ["editor_post_id"]=> string(3) "152" ["editor_id"]=> string(1) "6" ["post_title"]=> string(150) "【チームコクワ】大人の夏休み〜昨年採れなかった【カブトムシ捕り】リベンジ大人キャンプで再チャレンジ!" ["start_date"]=> string(10) "2016-07-29" ["end_date"]=> NULL ["end_date_day"]=> string(2) "30" ["post_category_id"]=> string(1) "3" ["post_body"]=> string(14313) "

大人の夏休み〜昨年のリベンジ!【カブトムシ捕るぞ!】リベンジ大人キャンプを実行!

昨年、「大人の夏休み〜秋田の豊かな自然でいっぱいカブトムシ捕るぞ!篇〜」でカブトムシを捕るために、カブトムシ・バナナトラップを仕掛けたり、山の師匠ハロスの草階 亮一氏にお願いして山に連れていってもらったり、仲間と一緒にキャンプをしながらチャレンジしたりと試みたものの、結局コクワガタしか捕まえる事ができなかった…そして、満を持して今年、リベンジをするべく昨年キャンプした仲間【チームコクワ】でリベンジキャンプに行ってみた!

ちなみに、昨年の模様はこちら「大人の夏休み〜秋田の豊かな自然でいっぱいカブトムシ捕るぞ!篇〜」

こちらは昨年ゲットしたコクワガタのカップル(笑)※チーム名は、コクワしか捕れないから

昨年もやりましたが、仕掛けとしてバナナトラップを作ります。
バナナトラップとは…

ババナナ2房程度
焼酎(適量)
砂糖(多め)
イースト菌(発酵させるため)
ハチミツ少々
酢少々
ジップロック(2袋程度)

(1)バナナを手でちぎり

(2)あとは全ての材料を入れてかき混ぜるだけ!砂糖を多めに

焼酎少々。

発酵させるためにドライイーストを投入。100円ショップでも気軽にそろえることができます。

よくかき混ぜて

(3)ジップロックに入れて半日〜1日ほど発酵

(4)たまに空気を出してあげる

バナナトラップ完成です!これで今年は必ず捕まえます!

山の師匠、草階先生をお誘いし、いざ入山!
今年は、虫が好む白いもの。そう白いシーツを貼って、車のライトを当てて捕まえる作戦も同時進行です。

じゃーん!完璧です。

バナナトラップも発酵が進んでいて良い感じです。

バナナトラップを周りの木々に塗りながら仕掛けていきます。

暗くなる前に晩ご飯の支度を!今晩の基地は壊れかけのあずまやです。他のメンバーは用事があるので、終わり次第合流することに。

草階先生は、本当に何でも出来ちゃいます。絶対に無人島でも暮らせます。暗くなる前に料理の準備に…

これは、ニンニクと砂肝を刻んで→炒めて→塩・粗挽きコショウで味付け→料理酒を入れて→煮込むだけの料理。

煮込んでいる間、薪で箸づくり。本当に豪快です。そして、煮込み終わった砂肝とニンニク料理。これがお酒に合う!たまらない逸品です。お皿はその辺の葉っぱで!本当に簡単に作れるので試してみてください!

こちらは、イカの一夜干し!その辺の枝を使って干します。

豪快に干します

これを炭火で炙っていただきました。旨過ぎです。お酒も良い感じで冷えてます。

周りはすっかり日が暮れて、料理も完成!

仲間たちも揃いました!「チームコクワ」1年振りの集結です。

自然の中で火を囲んで、お酒と美味しい肴。最高の楽しみ方だと思います。箸を忘れれば、作ればいい!ワインのコルクを空けるオープナーを忘れれば、ナイフで空ければいい!(笑)

すごい!本当にシュッと空けちゃいました!本当に楽しい夜です。カブトムシが動き出すまでまだ時間が…炎を見ながら、語り、美味しい肴と美味い酒。

草階先生は、山の先生ですが、アーティストの音源、映像作品の出版、音源制作、楽曲提供などをしているレーベル事務所Rolling Thunder Recordsを運営しながら、自らもhalosのボーカル&ギターを担当しています。この雰囲気の中で弾き語り…もう幸せ過ぎます。

「あれ?何しにきたんだっけ?カブトムシ捕りにきたんだった!」それからカブトムシトラップを仕掛けた木々、シーツを張ってライトを当てた仕掛けを見に捕獲へGO!

結果は…期待を裏切りません。そう…

ボクハコクワ…

コクワガタ1匹でした(涙)大人のキャンプは最高でしたが、あくまでも目的はカブトムシの捕獲。

こんな事では終われない!別日に秋田県内の某所へ!良い感じの環境です。

ここなら間違いなくいそう!

クヌギの木がたくさんあるし、カブトムシが好む樹液も出ている木もある!探索する事10分。ついにその瞬間が訪れます!

「おー!いたー!カブトムシ発見!」ん?メスだ…嬉しいけど、やっぱりオスを捕まえたい!カンブンや蟻、その他の昆虫たちも樹液に群がってました。

これは絶対に捕まえることができるはず!そして、そして、ついに!

「オーっ!カブトムシのオスだーーーーー!思わず叫んでしまいました!」めちゃくちゃ感動ものです。

そーっと近寄っていくと…

分かりますか?カブトムシの左隣にいる虫…

そうなんです。大きいスズメバチと思われる虫が2匹も!これは近づくのが難しい…どうしようか…しかし、ここで引き下がる訳にはいきません。スズメバチが去るのを待ちながら、ついに捕獲に成功です!

コンニチハ カブトムシ

いやーカッコ良過ぎます!そして、黒光りが美しい!

その後も周りを探索した結果。何と8匹ほどのカブトムシを捕獲!

でも、メスがほとんどでした!オスはもう結構捕られているのかもしれません。おじいちゃんとカブトムシを捕りにきていた子どもにカブトムシをプレゼントしました。

後日、自分で捕ったカブトムシと記念撮影だけ(笑)

ん〜やっぱりカッコいいな〜

この後、オシッコかけられました(笑)

このカブトムシのカップルも友だちの子どもたちへプレゼント!やっぱりカブトムシは子どもたちのものですからね!

来年もまた大人の夏休みキャンプしながら、カブトムシ!いやオオクワガタか!大人の夏休みは続く!

今日、ステキな大人の隠れ家ログハウスを紹介していただきました。本当にステキな所で、男のロマンが詰まった場所でした。ここにもきっと、カブトムシはいるはず…今度はBBQをしながら捕まえたい!

" ["post_digest"]=> string(686) "大人の夏休み〜カブトムシリベンジキャンプ! 昨年、「大人の夏休み〜秋田の豊かな自然でいっぱいカブトムシ採るぞ!篇〜」でカブトムシを採るために、カブトムシトラップを仕掛けたり、山の師匠ハロスの草階 亮一氏にお願いして山に連れていってもらったり、仲間と一緒にキャンプをしながらチャレンジしたりと試みたものの、結局コクワガタしか捕まえる事ができなkった…そして、満を持して今年、リベンジをするべく昨年キャンプした仲間【チームコクワ】でリベンジキャンプに行ってみた! " ["post_image"]=> string(95) "//life-fun.info/storage/9bf31c7ff062936a96d3c8bd1f8f2ff3/images/kabutomusi/2016ribenji/main.jpg" ["access_count"]=> string(3) "439" ["m_access_count"]=> string(2) "60" ["visible"]=> bool(true) ["deleted"]=> bool(false) ["created"]=> string(19) "2016-07-26 19:34:22" ["updated"]=> string(19) "2016-07-29 12:38:23" ["EditorPostsCompany"]=> array(3) { ["editor_posts_company_id"]=> string(3) "110" ["editor_post_id"]=> string(3) "152" ["company_id"]=> string(2) "52" } } [3]=> array(17) { ["editor_post_id"]=> string(3) "203" ["editor_id"]=> string(1) "6" ["post_title"]=> string(95) "【秋田美人リレー企画第6弾】スキー・スノーボーダー仁井田 薫さん篇" ["start_date"]=> string(10) "2017-02-20" ["end_date"]=> NULL ["end_date_day"]=> string(2) "30" ["post_category_id"]=> string(1) "4" ["post_body"]=> string(33843) "

「秋田美人の友だちは秋田美人?」リレー!

日本の三大美人といえば、「博多美人」「京美人」そして、「秋田美人」です。そして、そして!その中でも世界三大美人にも選ばれているのが「秋田美人」です。秋田美人の特徴といえば、透き通った色白さが特徴的です。「世界で最も美しい顔ベスト100」にも選ばれたことがある女優でモデルの佐々木希さん。

他にも加藤夏希さん、乃木坂46の生駒里奈さんなど秋田出身の秋田美人の多くが芸能界で活躍中です。

LIFE編集部では、【秋田美人の友達は秋田美人が多いのか?】を探るべく、独断と偏見で秋田美人リレーを行い、リレー形式で秋田美人を紹介しております。

前回の佐々木 美香さんからの【秋田美人バトン】を受け取った6回目の秋田美人は、2017ミスユニバース秋田大会ファイナリストでもあり、あきた観光レディーを務めているこの方!

file.06 仁井田 薫さん!

仁井田薫(かおる)さんは、秋田県秋田市土崎出身の21歳。

現在はスキー・スノーボードインストラクターをやりながら、 現役のあきた観光レディーとして活動している秋田美人です。2016ミスユニバース秋田のファイナリストでもあります。そんな仁井田薫さんに色々とインタビューしてみた!仁井田薫さんのお父さんは秋田市土崎出身で現役のスキースクールの校長を務めながらスイミングスクール、トライアスロンのインストラクターもしています。なんと61歳!お母さんは秋田市牛島出身。お母さんもスポーツ好だそう。26歳の姉が一人、薫ちゃんは次女の秋田美人です。

[ニックネームは?]

「かおる」、「かお」、「にいちゃん」と色々呼ばれます。

[好きなお店・場所は?]

太平山リゾート公園OpaS「オーパススキー場」です。晴れた日のナイターはスキー場の上から秋田市の夜景を眺めることができてとても綺麗です。

仁井田薫さんとOpaSのオススメがこちらの逸品。

美代大根おでん

 

看板娘の美代さんの名前が付いているオススメのおでん。出汁が染み込んだ大きい大根が印象的です。煮卵は珍しい半熟玉子でした!
出汁は、太平山の「木こり庵」の そばだしを使っているみたいで、優しい美味しい味の仕上がりになっています。

[好きな料理は?]

ポテトサラダとだし巻き卵です。

この2つがあれば生きていけます!(笑)

[好きなお菓子・デザートは?]

マカロンが好きです。特に山王ドフィーユのマカロンが1番好きです。

プリンも好きで自分でも作ります。

[母の味といえば?]

筑前煮とハンバーグです。

インストラクターの出張などで長期間秋田を離れてて、帰ってきた時には必ず作ってもらう料理です。食べると帰ってきたんだぁとほっこりします。

[苦手な料理・食べ物は?]

イカの塩辛だめ。あのビジュアルと味が苦手です。

[好きな飲み物は?]

コーヒーが好きです。

[好きなスポーツは?(実際にやる)]

小学3年生から始めているスノーボードが好きです。ちなみに、スキーも好きで、5歳から続けています。

そして、実は・・・スキー、スノーボード共にプロのインストラクターとして雪山で活動しています。

毎年4月にSIA協会(公益社団法人日本プロスキー教師協会)主催の「デモンストレーター選考会」が開催されているのですが、2016年に岩手県の安比高原スキー場で開催された女子の部門で1位を獲得しました。男女合わせても全体の5位でした。今年は長野の志賀高原で開催されるので、去年よりも全体順位を上げ、デモンストレーターの認定を目指します!

SAJ協会(公益財団法人全日本スキー連盟)のスノーボード大会では秋田県予選で1位を獲得したのですが、全国大会はケガで残念ながら出場かなわず・・・

???スゴイっ!そんな仁井田薫さんのスノーボードの腕前はどんなものか?撮影してみた(笑)

[好きなスポーツは?(観戦)]

スノーボーの【X GAME】が好きです。

[好きなテレビ番組は?]

満天青空レストランが好きです。様々な土地のお酒に合う料理が沢山出てくるので大好きです。

 

表情違い… #GoodNight #満天青空レストラン #宮川大輔 #MayukoKawakita #河北麻友子

Mayuko Kawakita 河北麻友子さん(@mayukokawakitaofficial)がシェアした投稿 -

[好きな本・雑誌]

「andGIRL(ファッション誌)」、「SNOWGIRL(スポーツ誌)」、「あきたタウン情報(タウン誌)」が好きです。あきたタウン情報には読モとしても登場したりもしています。

[好きなブランドは?]

今、使っているボードウェアとゴーグルのブランドでもある「686」、「SMITH」です。普段着ている服では「ZARA」や「JINASIS」のブランドが多いです。

[好きなタイプは?]

ノリが良い人と良く笑う人がタイプです。

[好きな芸能人は?]

菅田将暉さんが好きです。演技力と個性的なキャラにすごく惹かれます。

[幸せを感じる瞬間は?]

スノーボードしている時です。フェイスマスクの下ではいつも口元が緩んじゃいます!

[ストレス発散はどうしていますか?]

友達とカラオケ!一番好きなのは湘南乃風の「睡蓮花」です。

[特技は?]

スキー、スノーボード、秋田弁♪秋田弁は友達に何言ってるのか分からないと言われることも多々あります。

[趣味は?]

スノーボード、スキー、走ること!

[気をつけている事は?(秋田美人を継続する秘訣)]

日焼け止めを塗ることと、ストレスを溜めないように良く笑うことです。

[プレゼントされて嬉しいものは?]

プレゼントは基本何でもよろこんじゃいます。 

[好きな花は?]

ガーベラが好きです。

[自分へのご褒美は?]

ボード用品を買うことです。あとは旅行にいきます!

[今、一番欲しいものは?]

お金と時間が欲しいです。今4月に大事な大会を控えており、そのための練習時間と用具を買うためのお金が欲しいです。

[パワースポットは?]

雪山。特に長野県の志賀高原です。

[旅行に行くなら?]

フランスかカナダです。夏なら南半球に行ってボードをしてみたいです!カナダに行けたら、ウィスラースキー場で滑ってみたいです。

 

2月11日からカナダのバンクーバーに行って観光&スノーボード。バンクーバー観光はドイツと比べて劣っているが、空気がとても綺麗で散歩しやすかったのだ。あと、バスや地下鉄が多く交通手段も凄く便利で大変役立った。カナダには有名ブランド(アークテリクス、カナダグース、ルルレモン、MAC、ザノーフェイス)があり、日本よりも安く買えてみんな共にバカ買いしたのである。笑 そして、、、今日はリフト乗り場が混雑するぐらいスキー場の中で世界一有名と呼ばれているウィスラー山へ。さて、パークに入ると何千人以上の外人たち、ガイドさん、多くの子供、女性がbox、レールでフロント&バックサイドボードスライド、キッカーでタブルコーク、720など連発。その代わり安全第一を心懸けている日本人と違って猪突猛進である外国人は怪我が多くレスキューが目立ったのだ。あと、初心者もおらず下手な人は1人も見かけないほど上手な外国人たちだったのである。ウィスラースキー場は、日本中のスキー場を全て合わせた感じで志賀高原の10倍ぐらい広いと言われている。海外で滑れたのは良き想い出になれたし、ウィスラースキー場は日本中のスキー場よりもパーク施設、コースが充実しておりスノーボード馬鹿な人にとってぜひ、行って欲しいところです。明日は、アメリカへ!!!笑 #バンクーバー #ウィスラー #ウィスラー山 #ウィスラースキー場 #さすがスキースノーボード王国 #コースが多すぎてガイドなしだったら即迷子 #コース110種類 #スノーボードガイドさん上手すぎ #外人たちもみんな上手すぎ #初心者1人も見かけない #俺たちが一番下手かも笑 #俺も外国人になりたかった #キッカー25m #キッカー10連続あってパーク充実しすぎ #日本も作って欲しい

okinawaさん(@takayoshi1118)がシェアした投稿 -

[これから行きたい旅先は?]

フランスのヴァルディゼールというスキー場。以前父と1週間行ったのですが、全コースを滑りきることができなかったので、もう一度行きたいです。

[これからやりたい事は?]

モデルやタレント活動にも力を入れていきたいです。色々な形で秋田を発信していけるような人になりたいです。

[つながる秋田美人は!?]

佐藤侑美(さとう ゆうみ)さん。仁井田薫さんとは、小学校→中学校→高校の同級生で幼なじみです。

[どのような秋田美人ですか?]

自慢の幼なじみです。目がぱっちりした秋田美人で、現在ハピネッツガールなどもしています!毎年土崎の曳山祭りに一緒に参加しています♪

次の秋田美人も楽しみです♪

【取材協力】

▼太平山リゾート公園OpaS

OpaS/公認スクール案内

オーパスではスキースクールとスノーボードスクール合わせて3校が開校しております。初心者から経験者まで親切丁寧に講習いたします。各スクールへのお申し込みは、オーパスプラザ内のそれぞれの受付カウンターへどうぞ。

●スキー・スノーボードスクール受講生へのリフト料金割引
太平山スキー場オーパス公認のスキー・スノーボードスクール受講生に限り、受講当日はスクール1日券大人820円、60歳以上610円、小学生以下410円で購入できます。(ナイター利用可能)
スクール受講時のリフト券購入については、指導者にご確認下さい。

▼プロスキースクール

このスクールで仁井田薫さんもインストラクターとして働いています(2列目右が仁井田薫さん、左隣りがお父様でもあり校長先生)。

スキーのメンテナンスもお得!

校長先生自ら作っている特性ワックスです

薫さんにメンテナンスしてもらいました。

ツナギ姿も美人過ぎます。

 

▼秋田市スキー連合スキースクール

C.S.Sスノーボードスクール

代表の佐藤将彦さん。スノーボードの板の開発にも携わっていて、関東、東海までボードを教えてにいっているプロのスノーボーダーでもあります。

ここではそのブランド【MOSS】のボードの試乗もさせてくれる。

佐藤さん曰く、「サーフィンしているような感覚で滑れる板」とのことだ。薫さんもこのブランドのスノーボードを使っている。

スノーボードのメンテナンス&チューンナップも注目です。

(C.S.Sの紹介。ボードやPHOTOなど)

▼取材協力1
株式会社メルデジタル代表カメラマン兼映像クリエイター近藤 康洋さん

撮影アングルと臨場感にこだわっての撮影。素晴らしいです。滑りながらの撮影はもちろん難しいのですが、スキーで並走しての技術。スゴイ!

▼撮影協力2
株式会社Dream Photo代表 フォトグラファー菅原淳さん

十数年振りにスキーを滑ったみたい。今回もステキな撮影をありがとうございます♪

" ["post_digest"]=> string(423) "日本の三大美人といえば、「博多美人」「京美人」そして、「秋田美人」です。そして、そして!その中でも世界三大美人にも選ばれているのが「秋田美人」です。秋田美人の特徴といえば、透き通った色白さが特徴的です。「世界で最も美しい顔ベスト100」にも選ばれたことがある女優でモデルの佐々木希さん。" ["post_image"]=> string(98) "//life-fun.info/storage/9bf31c7ff062936a96d3c8bd1f8f2ff3/images/akita-bijin/01niida-kaoru/main.jpg" ["access_count"]=> string(5) "15944" ["m_access_count"]=> string(3) "648" ["visible"]=> bool(true) ["deleted"]=> bool(false) ["created"]=> string(19) "2016-12-27 17:39:30" ["updated"]=> string(19) "2017-03-15 10:43:18" ["EditorPostsCompany"]=> array(3) { ["editor_posts_company_id"]=> string(3) "145" ["editor_post_id"]=> string(3) "203" ["company_id"]=> string(2) "52" } } [4]=> array(17) { ["editor_post_id"]=> string(3) "232" ["editor_id"]=> string(1) "6" ["post_title"]=> string(99) "夏はこれだ!女子に大人気のSUPを楽しめるゲストハウスが男鹿にあった!" ["start_date"]=> string(10) "2017-06-22" ["end_date"]=> NULL ["end_date_day"]=> string(2) "30" ["post_category_id"]=> string(1) "3" ["post_body"]=> string(25607) "

秋田の海でSUP[スタンドアップボード]を楽しめるゲストハウスが男鹿にあった!

秋田県男鹿市にスタンドアップボード(SUP)を楽しめるゲストハウスがあると噂を聞きつけ、LIFE編集部で行ってみた!お邪魔したのは、平成28年8月にオープンした【ゲストハウス男鹿】。場所は男鹿半島の南磯地区。ゲストハウス男鹿は、素泊まりの宿で、スタンドアップボードはじめ、フィッシングやアウトドアスポーツ、BBQ、ダッチオーブン料理などが楽しめるゲストハウスです。

今回、ゲストハウス男鹿でSUP体験をしていただくのはこちらの秋田美人の3名。

(左)真坂はづきさん、(中央)小田嶋七海さん、(右)高橋望さん、です。

この日は秋田市をちょっと早めの5時半に出発!6時半にはゲストハウス男鹿に到着!

ゲストハウス男鹿の目の前は海だーーーーー!テンションが上がります!!!!!

それにしても5時半出発って・・・早く出発したのには理由が・・・それは!

男鹿の漁師さんの漁のお手伝い

今回、漁のお手伝いの取材の協力をいただいたのは、ゲストハウス男鹿・オーナーの三浦さんがいつもお世話になっている、近所で漁師をやっている佐藤龍男さん(76歳)【漁船/第2昇平丸】。今回の仕掛けは、【刺し網漁】と【サザエ網漁】。刺し網漁は、前日の夕方に仕掛けをして、サザエ網漁は、3日前に仕掛けをするそうです。今日は朝4時に漁に出たとのことでした。

シーズンを迎えている鯛やカサゴ。

▼キジハタ。日本では南の方でしか獲れなかった魚だそうです。最近は男鹿でも獲れるようになったとか・・・

▼猛毒を持つオニオコゼ。背びれのトゲに猛毒があり、大変危険です。

▼フランス料理では高級食材の舌平目などが獲れました

これから旬の男鹿のサザエもたくさん獲れました!みなさんでパチリ

大漁です!お手伝いした分、おすそ分けしていただけることに!お昼のBBQで焼いて楽しもう!

さて、いよいよゲストハウス男鹿へ。1階のリビングは広くて、テーブル、椅子も三浦さん自らが作った家具がそろっています。キッチンは冷蔵庫、ガス台、各食器類も装備されており、借りて使用することができます。外でのBBQもいいですが、雨天時や、寒くなったらリビングでご飯を食べたり、語り合うこともできます。

2階には大部屋小部屋合わせて3つの部屋があります。家族や友達で来ても十分宿泊できるスペースです。布団もレンタルできるのが嬉しい。

オーシャンビューのお部屋も!ソファでゆったりしながら、波の音を聞きながらのコーヒータイムや、読書も良さそうです。

ゲストハウス男鹿・オーナーの三浦豊さんにお話を伺いました。

三浦豊さんは秋田市出身のオーダーメイドの家具職人さん。秋田市仁別にも工房を持ち、数々の家具を作っています。3年前から男鹿の材木屋兼住宅(現:ゲストハウス男鹿)を購入、その後秋田市から男鹿市に移住して、自らリノベーションを行い、平成28年8月にゲストハウス男鹿としてOPENさせました。

Q:どんな想いでゲストハウス男鹿を作られたのですか?

男鹿の観光とアウトドアスポーツのベースになればいいと思って作りました。体験メニューも盛りだくさんご用意しておりますので、何回来ても楽しんでいただけると思っております。また、ゲストハウスですので、宿泊もできます。素泊まりスタイルで、みなさんそれぞれ、男鹿の地場の新鮮な魚介を仕入れてきて、BBQやダッチオーブン料理などを楽しんでいます。また、南磯地区には、懐石料理を提供する施設もありますのでそちらもご利用いただけます。

Q:スタンドアップボード体験はどのようなメニューになっているのでしょうか?

SUPの体験スクールは2時間で3,500円です。体験スクール経験者や、経験済みの方には、レンタルだけもしております。SUP&カヤックは1人1時間1,000円。フィッシングカヤックは1人1時間1,300円、1船6,000円で貸し出ししています。

複数人で来ていただいても、SUPは5台、シーカヤックは4艇、カナディアンカヌーは1艇あります。

ウエットスーツもサイズが豊富に用意されているので、ウエットスーツの下に着る水着さえあればOKです。夏場は水着だけでもOKです。

三浦さん、ありがとうございました。それでは、さっそく【SUP体験スクール】もお願いします!

それでは、女性陣!着替えてもらいましょう!お願いします!

「とーーーっ!」

「タンっ!」

キャッツアイ風のポーズで決めてもらいました(笑)

なかなか決まってますよ(笑)

さっそく、スタンドアップボードを持って、オーナーの三浦さんに海へ案内してもらいました。

海へ向かう秋田美人。なんか意気込みがヒシヒシと伝わってきます

SUPは、三浦さんが海まで運んでくれますが、今日は秋田美人の3人娘もお手伝い。

SUPとは、「スタンドアップパドルボード」とか「スタンドアップパドルサーフィン」と呼ばれており、気軽にその日に始められるので女子にも人気のマリンスポーツです。最近はテレビではよく見られるようになっていましたが、秋田県の男鹿市でも気軽に体験ができるなんて嬉しいですね!

SUP体験スクールでは、安心、安全に楽しんでいただくために、海のことや、波の影響力、沈んだ時の対処方法などを一から教えてくれます。

スダンドアップボードを楽しむコツは・・・

(1)常に、ボードのセンターにいることを意識する

(2)すぐに立とうとせず、まずは正座で乗って、パドルを漕ぎながらバランスをとることに慣れる

(3)慣れてきたら、正座からあぐらをかく状態など、動いてもバランスをとれるようにする

(4)片足ずつ、ゆっくりと立つ。ここでも、ボードの中心に重心をおくように心がける

(5)足は肩幅くらい

3人ともバランスが良くて、すぐに立つことができました。この後はあっという間に沖の方までスイスイと移動してSUPの時間を楽しんでいました。

スタンドアップボードの魅力とは・・・

(1)SUPは、初心者でも、老若男女、子どもから年配の方でもその日からすぐに楽しむことができます。

(2)SUPは、海や湖、川や池など水があって広ければ楽しむことができます。

(3)SUPは、ただ漕ぐだけでも楽しいですが、仰向けになってゆっくりしたり、ヨガをやったり、釣りもできます。

みてください!真坂はづきさんのこのスタイル!SUPの上でこんなポーズをとることができるなんて!スゴ過ぎます

(4)SUPは、ウエットスーツを着さえすれば、冬でも楽しむことができます。

SUPは簡単に始めることができますが、乗っているときに常にバランスを取らないといけないのと、交互にパドルを漕ぐので、腹筋、腰回り、腕の筋肉を結構使います。ですので、SUP後は筋肉痛になる方もいらっしゃるようです。SUPをやり続けると、体幹が鍛えられるし、姿勢もよくなると言われています。これは女子注目です!続けるといい感じのクビレもできるかもです。

かれこれ、1時間半くらいSUPを楽しみました!ここからもゲストハウス男鹿ならではの楽しみ方が!それは!

オーシャンビューのゲストハウスでBBQを満喫!

お腹が空いたら、お待ちかね!海のゲストハウスならではのBBQです!ゲストハウス男鹿に来る途中には、スーパーや海鮮市場もありますので、自分たちで購入して、地場の新鮮な魚介を中心とした料理を楽しむことができます。今回は特別に秋田市内の飲食店でシェフとして働いているオーナーの三浦さんの息子さんが、素敵な料理を仕込んできてくれました!

BBQスペースは駐車場の一角。オーシャンビューという贅沢な空間で開放的な雰囲気を満喫できます。

自分たちでタープやテーブル、イスを持ってきてもいいですが、ゲストハウス男鹿にはアウトドアの備品も揃っているので、事前に確認をってレンタル予約をしたら便利です。

「カンパーーイ♪」

これは、最高の贅沢ですね。

今回食べたお肉はこちら!スペヤリブや肉の塊まであります。

美味しそうな肉を焼いて焼きまくります!

スペヤリブをかぶりつきます(笑)豪快!

 今朝、漁をお手伝いした時におすそ分けいただいた活サザエも壺焼きにしていただきます。

刺身で食べれるので身もプリプリです。

獲れたての魚も塩焼きにして

仕込んでくれた「ローストビーフ」もいい感じです。金足農業高等学校の先生と生徒で開発中の「バッケソルト」で美味しくいただきましたー!※バッケソルト・・・秋田県花の「バッケ」と男鹿の塩で作った金足農業高等学校オリジナルの一品。現在商品開発中です。

こちらも大好評です!金足農業高等学校のみなさん!ぜひ商品化をお願いします!女性陣も大絶賛!オススメです!

見ているだけでお腹いっぱいになりますね。でも、これで終わりじゃないのです!そうなんです!こちらが今回のメイン料理。

ダッチオーブンで作る【アクアパッツア】!

大きい真鯛を贅沢に使い、エビ、イイダコ、アサリ、トマトなどの食材をダッチオーブンに入れて、ワインと塩だけで味付けしたシンプルな逸品。簡単料理でこんなにお洒落な料理も楽しむことができます。

美味しすぎて思わず笑っちゃいます(笑)最後は贅沢にリゾットでしめましたー

こんな絶品の料理とお酒を楽しめるなんて本当に素敵すぎます!

こんな海のゲストハウスで女子会や家族旅行、夏の一時を楽しんでみませんか?

BBQ後に、三浦さん手作りの木製のカナディアンカヌーに特別に乗せていただきました!なんという楽しみ方なんだろう・・・

ゲストハウスのリビングも広くて、寒くなったら中でも楽しむことができます。

夕暮れに海を眺め、波の音を聞きながら語り合うのもいいですよね。

夜は夏らしく花火をやるもよし、ゆっくり泊まって呑み明かすもよし。今年の夏はゲストハウス男鹿でスタンドアップボード体験とBBQを満喫だー!

SUP体験とBBQ満喫後に、最後にこんなスペシャルムービーをご覧ください!メルデジタル近藤さん撮影・編集です!

んー!これは行きたくなります!

最後に今回の「SUP体験&BBQ満喫」in ゲストハウス男鹿を体験してもらった秋田美人の3人娘に感想をいただきました!

体験感想1[小田嶋七海さん(左)]
すぐ目の前が海という最高のロケーションのゲストハウスは、とっても開放的な気持ちにさせてくれます♪海上からの景色を眺めることができるSUPは、初体験でもすんなり楽しむことができました!とってもあたたかいオーナーの三浦さんのおもてなしで、帰るのが名残惜しくなるくらい楽しい時間でした。

体験感想2[高橋望さん(中央)]
秋田県内の海でSUP体験ができるんだ!!とそれだけでワクワクでした♪水着さえ持って行けば、ボード、カヤック、ウエットスーツなどなどレンタルして自然を存分に満喫できるので、初めての方も気軽に行きやすいと思います!SUPは乗ってみるととても安定感があって、始めやすいスポーツだと思います!ちょっと疲れた時にはボードの上で寝転んで波に揺られながら過ごす時間も私はとってもお気に入りです♫寝ちゃいそうなくらい気持ちよかったです♫この夏、かなりオススメのスポットです!

体験感想3 [真坂はづきさん(右)]
初体験のSUPでしたが、分かり易く教えて頂けて、すぐに乗ることができ楽しめました!寝そべると男鹿の海で泳ぐ魚になった気分…私の夏の新定番になりそうです!

取材協力1

▼ゲストハウス男鹿

住所:秋田県男鹿市船川港増川字小泊105-2
ホームページ:http://guesthouse-oga.petit.cc
電話:080-9633-0083
素泊り料金 (税込価格)お一人様 和室1泊 3.000円 夏季5月~10月 冬季11月~4月 3.500円。5歳以上のお子様は大人料金となります。チエックイン 15時~21時。チェックアウト 10時。 
カヌー、カヤック、SUP 、(経験者、スクール修了者 1時間1名様 1.000円~、体験スクール受付1名様3.500円2時間)。フィッシング仕様カヤック1艇6.000円、ガイド料10.000円、パドル500円、ライフジャケット500円、ウエットスーツ1.000円釣具、自転車半日500円、バーベキューグリル1.000円、七輪300円、テント1.000円、テーブル500円、イス200円、フェースタオル200円、髭剃り、歯ブラシ各100円、BBQ炭500円、洗濯機 1回200円洗剤付

取材協力2

▼メルデジタル

前回のスノーボードの撮影もアクティブでしたが、今回のSUPに乗りながらの海上での撮影もアクティブでした!ドローンの撮影もしていただきました!いつもありがとうございます!メルデジタル近藤さん。

さすがにあっという間にSUPを乗りこなす近藤さんと左奥でカヌーを楽しむ一向(笑)

" ["post_digest"]=> string(520) "秋田県男鹿市にスタンドアップボード(SUP)を楽しめるゲストハウスがあると噂を聞きつけ、LIFE編集部で行ってみた!お邪魔したのは、平成28年8月にオープンした【ゲストハウス男鹿】。場所は男鹿半島の南磯地区。ゲストハウス男鹿は、素泊まりの宿で、スタンドアップボードを始め、フィッシングやアウトドアスポーツ、BBQ、ダッチオーブン料理などが楽しめるゲストハウスです。" ["post_image"]=> string(99) "//life-fun.info/storage/9bf31c7ff062936a96d3c8bd1f8f2ff3/images/guesthouse-oga/sup%26bbq/tatu-1.jpg" ["access_count"]=> string(2) "39" ["m_access_count"]=> string(2) "29" ["visible"]=> bool(true) ["deleted"]=> bool(false) ["created"]=> string(19) "2017-05-15 15:17:22" ["updated"]=> string(19) "2017-06-21 16:43:24" ["EditorPostsCompany"]=> array(3) { ["editor_posts_company_id"]=> string(3) "165" ["editor_post_id"]=> string(3) "232" ["company_id"]=> string(2) "52" } } }

LIFEのカテゴリ

秋田のおすすめ情報

カテゴリランキング