秋田発!生活のおもしろ情報満載

企業

秋田県内の企業のご紹介

  • クリエイティブ > その他

ノリット・ジャポン株式会社

〒010-0061 秋田市卸町1丁目3-2 秋ト協ビル1階

018-874-7547

http://www.norit.jp

業務内容

自社流通事業
販促支援事業
商品開発・調査マーケティング支援事業
自社ブランド開発事業

関連記事

array(2) {
  [0]=>
  array(17) {
    ["editor_post_id"]=>
    string(3) "177"
    ["editor_id"]=>
    string(1) "6"
    ["post_title"]=>
    string(102) "「秋田のオヤジアイス」ってにわかに聞こえてきたぞ。会いに行ってみた。"
    ["start_date"]=>
    string(10) "2016-10-17"
    ["end_date"]=>
    NULL
    ["end_date_day"]=>
    string(2) "30"
    ["post_category_id"]=>
    string(1) "1"
    ["post_body"]=>
    string(6976) "

「秋田のオヤジアイスを作っているオヤジたちですか…?」

「そうです…」とはにかみながら答えてくれた、3人のオヤジさんたち。
ネットの検索エンジンで「秋田 オヤジアイス」と検索すると、にわかに話題になっていたオヤジさんに会いに行ってきました。

まずは、どこからお話しましょうか… オヤジの紹介か、アイスの紹介か…。

最初にオヤジの紹介をしちゃいます!

写真の真ん中が、製造責任者の山内さん。
北海道の大学で酪農を学び、チーズなどの乳製品の魅力にはまっている43歳。好きなアイスは牧場しぼりとMOW(モウ)。
オヤジアイスと言われていることに対しては「年齢的にオヤジなので気にしたことはないけれど、おいしいアイスを作っていることで、少しでもオヤジのイメージが良くなればうれしい」と謙虚に語ってくれました。

写真左が、マネージャーの松前谷さん。
北秋田市から通っている52歳。趣味は熱帯魚で、好きなアイスはスーパーカップ。この工場ではアイスクリームのほか、UMAMY(ウマミー)レトルトカレーの製造リーダーをしています。JAに勤めていたこともあり、秋田の食材が大好きなオヤジです。
「オヤジアイスという言葉は少しはずかしいけれど、ババヘラアイスを意識しているわけではありません…」と、こちらも謙虚でございました。

写真右が、中村さん。
調理師のため大阪にて17年間調理の現場で活躍した41歳。好きなアイスはロッテのマルシェ。UMAMY(ウマミー)レトルトカレーの製造をメインで働いていますが、朝に絞りたての生乳が届く日は、機械の殺菌などをして山内さんの製造をフォローしています。…って、UMAMY(ウマミー)レトルトカレーの方が気になるじゃんかよ…。
オヤジアイスについてひとこと頂いたところ「オヤジ臭のない清潔な工場で製造していますのでご安心ください。オヤジという響きは50歳を過ぎてから、または孫ができてからと思っておりましたのに…」と、こちらは消沈気味のようでした。

次ぎにアイスの紹介をしちゃいます!

こちらがオヤジたちが作っている「UMAMYアイスクリーム」なんですが、全然オヤジ感もなく見た目もかわいくて、実はちょっと高級なんですの、奥さま。3つの味がございます。

比内地鶏の卵に、朝採れのフレッシュ生乳をふんだんに使っており、県内の道の駅ではほぼ購入できるとのことです。
私的には思ったよりサッパリしているので、少し溶けてきた頃が食べ頃って感じでした。

で、興味が出たので、UMAMYアイスクリームのフルーツソースセットを通販してみました。
限定販売のちらし注文(FAX注文)のみとなるそうですが、通年販売可能だそうです。

アイスクリームに秋田のイチゴと〜 リンゴと〜 ブルーベリーの〜♪
フルーツソースかかっているアイスさんです。着色料とか香料が一切使われていないので、純粋な手作りの味でした。

クール便で丁寧に届くので贈り物にもいいかも。

濃厚なソースがかかっているアイスちゃんたち。オヤジが作ってるけど…。でもかわいい色合いです。

内フタがしてあるので、高級感が漂います。ワクワク。

ちなみにこちらがオヤジたちの仕事場である工場で、秋田市の雄和にあります。この場所では販売していないので、行っても食べられません。ご注意です。


かわいらしい建物には、オヤジたちが働いています。

UMAMYシリーズはここで作られているそうです。

牛乳入れるヤツがたくさんありました↑。普段見ることがないので、ちょっとテンションアップ。窓越しで撮影(映り込みはお許しを)。中は殺菌していて入れませんでした。

この車、秋田のイベントでよく見ませんか?秋田の食材でおいしいメニューを作って売っているノリットジャポンさんのキッチンカーです。

だんだん3人のオヤジさんたちがかわいく思えてきましたので、そろそろレポートを終了します。すてきなオヤジたちが作っている秋田のアイス、ぜひ一度食べてみてねん。

" ["post_digest"]=> string(191) "秋田のおやじアイスを作っているオヤジたちに会いに行ってきました。どんなアイスかも気になりますが、どんなオヤジかも気になります。 " ["post_image"]=> string(76) "//life-fun.info/storage/9bf31c7ff062936a96d3c8bd1f8f2ff3/images/IMG_9698.JPG" ["access_count"]=> string(4) "2014" ["m_access_count"]=> string(2) "75" ["visible"]=> bool(true) ["deleted"]=> bool(false) ["created"]=> string(19) "2016-09-17 13:06:46" ["updated"]=> string(19) "2016-10-26 11:58:56" ["EditorPostsCompany"]=> array(3) { ["editor_posts_company_id"]=> string(3) "124" ["editor_post_id"]=> string(3) "177" ["company_id"]=> string(2) "86" } } [1]=> array(17) { ["editor_post_id"]=> string(3) "201" ["editor_id"]=> string(1) "6" ["post_title"]=> string(70) "食いしん坊編集部が行く!話題の【魚バルTOSHICHANG】" ["start_date"]=> string(10) "2017-01-11" ["end_date"]=> NULL ["end_date_day"]=> string(2) "30" ["post_category_id"]=> string(1) "3" ["post_body"]=> string(9051) "

話題の新店舗「魚(うお)バル、TOSHICHANG(としちゃん)」にライフ編集部で行ってきましたよ。こちらは川反の「肉バル ノリチャン」の姉妹店として11月にオープンしたばかり。
外観もオサレで、さすがはデザインを生業としている「としちゃん」のお店。すてき!

川反のすずらん通りにひっそりと建っています。1階はカウンター席のみで、2階から階段を中心に4つのボックス席フロアーが展開されています。

内観はこんな雰囲気。

さっそく“5000円のコース料理”カモーン!

今回は5000円のコースを5名で注文。飲み放題もつけちゃいました!

かにみそバーニヤカウダ(写真は2名分)

アスパラガス、パプリカ、ラディッシュ、キュウリ、紫ニンジン、紅心大根、カブ…などいろいろなお野菜を味わえる一品。今日は、キュウリとパプリカ以外は秋田県内の野菜ということで、その産地にもこだわって仕入れています。
野菜の味わいも感動的ですが、何よりこの、カニみそ風味のバーニャカウダーソースが絶品。「これだけ瓶詰めにして売り出してもらえません?」と懇願。お友達への手土産にしたいんです、としちゃん…。頼むぅ。

カニのワカモレ〜エビ煎と共に〜(写真は2名分)
ワカモレってなによ!と思っているあなた、私と一緒です。調べると、スペイン語でメキシコ料理のサルサの1種。アボカドをつぶして作るクリーム状のソースのこと。クックパッドで検索したらたくさん出てきた…。メジャーな言葉だったのね…。

パクッと食べた瞬間、WEBシステム担当のM氏と目が合って…「ううーんまっ!!」。余裕で10個は食べられますね。

鮮魚カルパッチョの盛り合わせ(写真は5名分)

仕入れの状況でお魚は変わりますが、取材当日は、シマアジ、ワラサ、マトウダイ、ソイ、イシナギの5種。通常メニューでは「full」と「half」があり、「full」だと30切れくらいで1800円なのでぜひ味わってほしい。
このカルパッチョ登場で、飲み放題メニューから白ワインをチョイスする人が出たりと、それはもう、テンションMAX。「魚バル」ですもの、これを待っていました!カルパッチョは、ぜひお飲み物と一緒に楽しんで欲しいです。
この時点で取材メモを取ってる人が私だけになってたっていう事実は誰も知らない…いいですけど…。

そして、ここまで読んですでに予約をしようと思っているあなた。ちょっとまって。次のメニューが編集部全員一致で「忘れられないメニューで賞」になりましたよ。こちらは予約の段階で注文しても良いくらい素晴らしかった。

しらすと卵のアヒージョ(写真は2名分)!!!!パチパチ!!!

最後の一滴まで残してなるものかとバケットを何度も注文していただきました。

もう。これは食べてみて!としかいえません。通常メニューでも700円です。

さて、コース料理は続きますが、ここでスタッフさんをご紹介。アルコールの入ってきたLIFE編集部(男子)が「このお店はすてきな看板娘が多いので、スタッフさんも撮影しなきゃね!」とノリノリに。

笑顔で対応してくれて、楽しい時間を過ごすことができました!ありがとうございます。

すてきな笑顔のスタッフは、女性はもちろん、イケメンスタッフも勢ぞろいしています。この笑顔、元気なるわー。

では、コース料理にもどりますよ。続いては…

蛤のグリル(写真は3名分)
みかんとハーブの白ワインソース&レモンで味わう蛤…、思わず目を閉じて頂きました。

蛤のこれ、食べたくてがんばってみたけど、ガッチリくっついていて取れなかった…。だれか上手に取れる方法しりませんか(T^T)裏をこすれば良いって言うからやってみたけどダメだった…(ショボーン)

つぎは、サザエのグリル(写真は3名分)
焼きカブとアンチョビのソースで味わいました。もう、量に満足しすぎて「このお店、我が家の近くに進出してこないかな…」と勝手な妄想に走るほど夢心地。そしてラストは…

じゃーん!! ブイヤベース(写真は5名分)

身が詰まっていて最高でした。そして、ブイヤベースのスープで作るのが…

「〆のおじや(1人前)」

もうおなかいっぱい。飲み放題のメニューもビールやワイン、カクテルにサワーなどいろいろそろっています。

メニューをみると、今回コースに出なかったけれど「雲丹のクリームリゾット(1500円)」とか、「オマール海老の出汁巻きオムレツ(750円)」とか、気になるモノがたくさん。

これは、絶対にまた行かなくっちゃ。

もちろん、今回のコースでいただいたお料理はアラカルトでも注文できるので、ぜひ味わってみてね!

公式ホームページはこちら!
http://www.norichang.com/toshichang/

「魚バル」の旗がかわいい(おまけ画像)。

気になる方に特別にメニューを公開!

" ["post_digest"]=> string(292) "話題の新店舗「魚(うお)バル、TOSHICHANG(としちゃん)」にライフ編集部で行ってきましたよ。こちらは川反の「肉バル ノリチャン」の姉妹店として11月にオープンしたばかり。大満足のコース料理をご紹介します!" ["post_image"]=> string(70) "//life-fun.info/storage/9bf31c7ff062936a96d3c8bd1f8f2ff3/images/uo.jpg" ["access_count"]=> string(4) "4440" ["m_access_count"]=> string(3) "207" ["visible"]=> bool(true) ["deleted"]=> bool(false) ["created"]=> string(19) "2016-12-14 14:20:36" ["updated"]=> string(19) "2017-01-11 13:03:03" ["EditorPostsCompany"]=> array(3) { ["editor_posts_company_id"]=> string(3) "131" ["editor_post_id"]=> string(3) "201" ["company_id"]=> string(2) "86" } } }

LIFEのカテゴリ

秋田のおすすめ情報

カテゴリランキング