秋田発!生活のおもしろ情報満載

企業

秋田県内の企業のご紹介

  • 車 > 新車

greenpiece

〒010-0802 秋田県秋田市外旭川字八幡田151-1

018-838-1118

https://www.instagram.com/greenpiece_inc/

業務内容

フラワーギフト、ウェディング、ワークショップ、ディスプレイデザイン、空間デザイン、各種デザイン

関連記事

array(4) {
  [0]=>
  array(17) {
    ["editor_post_id"]=>
    string(3) "226"
    ["editor_id"]=>
    string(1) "6"
    ["post_title"]=>
    string(105) "女子必見!【ドライフラワーアレジメント教室】が楽しくてオシャレ過ぎる!"
    ["start_date"]=>
    string(10) "2017-04-28"
    ["end_date"]=>
    NULL
    ["end_date_day"]=>
    string(2) "30"
    ["post_category_id"]=>
    string(1) "4"
    ["post_body"]=>
    string(15550) "

女子必見!【ドライフラワーアレジメント教室】が楽しくてオシャレ過ぎる!

秋田市外旭川にOPENしたフラワー&デザインの「greenpiece(グリーンピース)」でスタートする【ドライフラワーアレジメント教室】がオシャレ過ぎるんです!実際に体験していただいたのが、秋田美人チームの「チーム早生まれ」(全員早生まれ)。メンバーの小田嶋七海さんは、以前LIFEの【秋田美人リレー企画第4弾】でも登場いただいた秋田美人さん。そのお友達と一緒に、greenpieceのドライフラワーアレジメント教室のプレ体験に参加してもらいました!

教室を教えてくれるのは、

greenpiece​代表、フローリスト 金森弘至さん(41歳)

制作後の作品の撮影まで教えてくれる、フォトグラファー 三浦洋介さん (35歳)。

greenpieceが主宰する【ドライフラワーアレジメント教室】は、自分たちで仕入れてきた生花に手を加え、オリジナルのドライフラワーを作った花材を使用し、仕上がりは、全面どこから見てもキレイに見えるアレジメントになるとのことです。

Q.今回の教室で使用するドライフラワーをお聞かせください!
金森さん:「今回使用したドライフラワーは自然素材の他に、着色加工素材も使用したものを使用しています。着色したものはドライのアンティーク感の中に独特の発色がついた美しさがあります。そのドライフラワーを取り入れてデザインしたものは絵画のような美しさが生まれると思っています。ドライフラワーは、生花よりも長く楽しめ、プリザーブドにはないアンティーク感を感じられるドライフラワーアレンジは贈り物としても大変喜ばれます。」

参加していただいたのが、同級生で仲が良いこちらの3名。

小田嶋七海さん(26歳、OL、モデル、パーソナリティ)。

高橋望さん(26歳、美容師)

佐藤朱里さん(26歳、会社員)

楽しい女子会をやるような雰囲気で教室はスタート!

greenpieceの店内はこんな雰囲気。生花や植栽、鮮やかなドライフラワーに囲まれたオシャレ空間。

まずは、それぞれアレジメントに使用するドライフラワーの花材を選びます。

仕上がりのアレジメントをイメージして、色合いは3人それぞれに決めてもらいます。

花材を選んだら、花器に挿していきます。

1本1本色合いを見ながら挿します。金森先生曰く「パキっとした色合いを入れると絵画のようになります。」とのことです。ん〜これはセンスが問われますね。

ポイント:高さを意識して、ハサミでカット

幅は器の幅に合わせて挿し込み、高さは挿し込むドライフラワーの高さに統一するのがポイント。

自然と目線が横から覗いたり、真俯瞰から覗いたりと、真剣な表情に・・・

時折、金森先生からアドバイスが・・・

「いろんな色の花材があって、何を挿し込むか悩むと思いますが、色のバランスが大切です。例えば・・・3輪の同じ色の花があったら、2輪をくっつけて、1輪を離して配置するなどしてバランスをとっていけば良いと思います。」

「中心からお花がキレイに揃って見せるには、周りから角度をつけて花を中心に向かって挿すといいです。」

こんなに近くで丁寧に的確にアドバイスをもらえるので、初めての方でも嬉しいですね!

技術面でもレクチャーがありました。それは!「ワイヤリング」
ワイヤリングとは・・・茎が細いお花や、小さくて茎が折れやすいお花に施す技術です。

ワイヤリングのポイントは・・・

ポイント:花を潰さないように包み込み、ワイヤーを回す。

ワイヤリングにも技法があり、今日教えてもらったのが、「ツイスティングメソット」

3人の中でも抜群な技術と速さを誇ったのが、高橋望さん。

さすが、第一線で働いている美容師さん。他のメンバーからもワイヤリングをお願いされるほど、技術が上達しました(笑)この技術を習得できれば、あとはどう作り上げていくか?だけです。

みんな真剣。

ワイヤリングをマスターした自称ワイヤリストのぞみん。

そして、最後の仕上げです。プリザーブド加工している、モス(コケ)を挿し込んだお花と、器の間のフチに詰めていきます。

ポイント:器のラインに沿って、モスのキレイな面を外側に見えるよに配置する

完成です!これで終わらないのが、greenpieceのすごいところ!専属のフォトグラファー三浦先生がいらっしゃるので、カメラを持参してくれば、撮影の仕方まで教えてくれるんです!

カメラがない場合は、携帯でもOK!素晴らしい!何て優しいお店なんだ!

それでは、3人が作った作品を紹介しながら、参加してみての感想と、金森先生から一言。

小田嶋 七海さん【テーマ】Spring has come❤︎

可愛らしい色をたくさん使って、胸が高鳴るような春をイメージしました。

【小田嶋七海さんの参加してみての感想】
生花とは違ったドライフラワーのアンティークな風合いがとっても好みで、ついつい詰め込んでしまうくらいどれも素敵なお花ばかりでした♪金森さんと三浦さんが優しく分かりやすく教えてくださったので、初めてでも楽しくフラワーアレンジメントを体験することができました。自分で作ったアレンジメントはより一層可愛くて愛おしくて、特別幸せな気分にさせてくれます♪

【金森先生ひとこと】
最初に伝えたルール(高さを揃える、横幅は器よりはみ出さない)を終始しっかりと守ってくれてるところがしっかりした性格がでていました。安定感のあるバランス感覚で素敵にできたと思います。

高橋望さん(26歳)【テーマ】HAPPY!!!!

もうすぐ母の日なので、母がこれを受け取った際にHAPPYな気持ちになるような、あたたかくて優しい雰囲気をイメージして作りました!

【高橋望さんの参加してみての感想】
メインとなるお花をどの位置に置くか、最初が一番悩みました。フラワーアレンジメントは初めての経験だったのでちゃんと作品になるのか不安でしたが、分かりやすく教えていただいてとっても楽しい時間でした!なによりお花が大好きになりましたし、ドライフラワーなので作った作品を長く残せるのも魅力だなと思いました!

【金森先生ひとこと】
美容師という職業柄、手先の器用さが際立っていて完成までの手際の良さが素晴らしかったです。形もとってもきれいでした。

佐藤朱里さん(26歳)【テーマ】乙女の冷静と情熱の間

真ん中のピンクがあれ!?この人のこと好きなのかな…?という気持ちの芽生えでその左にある赤は好きだという赤、右側の青は好きじゃないと認めたくない気持ちを表現してみました!4月の出会いの時期、出会いや新しい環境に身を置いて新たな恋が生まれたりするかなと思いイメージを表現してみました。

【佐藤朱里さんの参加してみての感想】
今回初めて経験させて頂いて、最初はイメージを形にする大変さがありどんな花や色を選ぶか試行錯誤しましたが、たくさんアドバイスをいただいたおかげでとても可愛くイメージ通りにできて嬉しかったです!悩みながらも作っている時間がすごく楽しかったです!ドライフラワーもどれもすごく色合いが魅力的で今度はまた違った色合いやイメージで作ってみたいです!!

【金森先生ひとこと】
ルールにのっとりながらも、独創的な色の配置で個性がでてよかったです。二人とはまた違った表現が素敵でした。

本日はありがとうございました!LIFE編集部もちゃっかり一緒に楽しませていただきました!

本当に3人とも素敵な仕上がりで、ステキですね!

最後にgreenpiece(グリーンピース)「ドライフラワーアレジメント教室」の紹介です。

ワークショップの詳細

【greenpiece】ドライフラワーデザイン&フォト

場所:greenpiece1階 店舗内 010-0802 秋田県秋田市外旭川字八幡田151-1
予約:018-838-1118
人数:一回の定員:2名~4名(現在)
開催日:不定期
料金:5,500円(税抜)花材費、レッスン料含む
所要時間:1時間30分程度
内容:
●フラワーデザイナーによるドライフラワーを使ったアレンジメントやインテリアアイテム制作のワークショップ
●フォトグラファーによる完成作品をSNS用に美しく撮るテクニックのレクチャー
●ワークショップの様子をフォトグラファーが撮影しSNS用にデータプレゼント

これはぜひ、体験していただきたいワークショプです!友達を誘って体験してみてください!満足度の高いワークショップです。母の日が近いですし、手作りのドライフラワーアレジメントをプレゼントするのもステキですね!

" ["post_digest"]=> string(599) "秋田市外旭川にOPENした(仮)フラワー&デザインの「greenpiece(グリーンピース)」でスタートする【ドライフラワーアレジメント教室】がオシャレ過ぎるんです!実際に体験していただいたのが、秋田美人チームの「チームナナミ」。メンバーの小田嶋七海さんは、以前LIFEの【秋田美人リレー企画第4弾】でも登場いただいた秋田美人さん。そのお友達と一緒に、greenpieceのドライフラワーアレジメント教室のプレ体験に参加してもらいました!" ["post_image"]=> string(98) "//life-fun.info/storage/9bf31c7ff062936a96d3c8bd1f8f2ff3/images/Greenpeace/dry-flower/P4190772.JPG" ["access_count"]=> string(4) "7852" ["m_access_count"]=> string(3) "290" ["visible"]=> bool(true) ["deleted"]=> bool(false) ["created"]=> string(19) "2017-04-26 19:24:17" ["updated"]=> string(19) "2018-11-01 11:58:26" ["EditorPostsCompany"]=> array(3) { ["editor_posts_company_id"]=> string(3) "153" ["editor_post_id"]=> string(3) "226" ["company_id"]=> string(2) "98" } } [1]=> array(17) { ["editor_post_id"]=> string(3) "229" ["editor_id"]=> string(1) "6" ["post_title"]=> string(105) "【母の日】グリーンピースが創り出す「母の日フラワーギフト」がオシャレ!" ["start_date"]=> string(10) "2017-05-09" ["end_date"]=> NULL ["end_date_day"]=> string(2) "30" ["post_category_id"]=> string(1) "4" ["post_body"]=> string(5151) "

【母の日】グリーンピースが創り出す「母の日フラワーギフト」がオシャレ過ぎる!

秋田市外旭川にOPENしたフラワー&デザインの「greenpieace(グリーンピース)」が母の日を前に、鮮やかにデザインされたフラワーギフトを次々と創り出している。母の日向けに商品化されたのはいずれもドライフラワーを使用したもの。もちろん、生花のアレジメントもやっているみたいですが、今回はドライフラワーにクローズアップしました!

なぜ、ドライフラワーのギフトを作ったのか?greenpieace代表、フローリスト 金森弘至さんに話を伺いました!

生花は生花の美しさ、可愛らしさが当然あると思いますが、生花だといずれは枯れてしまうし、プリザーブドフラワーだと何だか、かしこまった感じでインテリアとしては浮いてしまうので、ドライフラワーの商品を作ってみました。greenpieceのcolor dryは、日常に丁度いい雰囲気を演出できて、しかも長持ちします。ドライフラワーは、greenpieasでカラーリングからドライ加工まで施したドライフラワーを使用しており、独特のアンティーク感と鮮やかさを演出しています。ここにしかないアレンジメントやブーケになっているので、一度足を運んでいただき、ご覧いただければと思います。

【カラードライ&エアプランツアレンジメント】3,996円

アレンジメントタイプはリビングテーブルやエントランスなどの棚の上に・・・

【カラードライ スワッグ】3,240円

スワッグタイプは壁に掛けてお部屋のアクセントに・・・

【カラードライブーケ】3,780円

ブーケタイプはそのままナチュラルに飾ってもよし、ラッピングを外してお気に入りの花瓶に飾ってもよし。

現在、greenpieasでは、母の日を前にご注文分を含め、カラードライアレンジの制作がようやく追いついてきているとのこと。
生花よりも永く楽しめ、プリザーブドみたいに構えた感じもなく、日常に馴染む程よいアンティーク感!greenpieceのカラードライはドライフラワーデザインの常識を変えてくれ そうですね。
今後は、ギフトだけではなくウェディアイテムやディスプレイ、アクセサリー等幅を広げていくみたいです。これは楽しみですね。
母の日商品は売切れると販売終了のデザインもあるみたいですのでお早めにいかがでしょうか?

また、生花の母の日ギフトは事前オーダーのみとなっているとのことなので、事前に連絡をしてみてください。

生花のアレジメントも、前日の5/13(金)まで予約受付OK!

詳しくはgreenpieasまでお問い合わせください。

【greenpeace】ドライフラワーデザイン&フォト

住所:秋田市外旭川字八幡田151-1
TEL:018-838-1118
営業時間:10:00-18:00


駐車場:3台まで

" ["post_digest"]=> string(468) "秋田市外旭川にOPENしたフラワー&デザインの「greenpieace(グリーンピース)」が母の日を前に、鮮やかにデザインされたフラワーギフトを次々と創り出している。母の日向けに商品化されたのはいずれもドライフラワーを使用したもの。もちろん、生花のアレジメントもやっているみたいですが、今回はドライフラワーにクローズアップしました!" ["post_image"]=> string(96) "//life-fun.info/storage/9bf31c7ff062936a96d3c8bd1f8f2ff3/images/Greenpeace/hahanohi/P5021069.JPG" ["access_count"]=> string(4) "1118" ["m_access_count"]=> string(2) "22" ["visible"]=> bool(true) ["deleted"]=> bool(false) ["created"]=> string(19) "2017-05-02 16:20:27" ["updated"]=> string(19) "2017-05-10 15:14:12" ["EditorPostsCompany"]=> array(3) { ["editor_posts_company_id"]=> string(3) "156" ["editor_post_id"]=> string(3) "229" ["company_id"]=> string(2) "98" } } [2]=> array(17) { ["editor_post_id"]=> string(3) "282" ["editor_id"]=> string(1) "6" ["post_title"]=> string(89) "ブライダルフォトクリエイター集団が取り組むプロジェクトkamihana" ["start_date"]=> string(10) "2018-04-17" ["end_date"]=> NULL ["end_date_day"]=> string(2) "30" ["post_category_id"]=> string(1) "1" ["post_body"]=> string(23072) "

ブライダルフォトのクリエイター集団が取り組むプロジェクト【kamihana】の作品がすごい!

以前からSNSでもの凄く気になっていた、ブライダルフォトクリエイター集団が取り組むプロジェクト【kamihana】。みなさんはご存知でしょうか?気になっていたので、その作品撮りの現場に潜入してきました!

そもそも「kamihana」って??

立ち上げメンバーの金森 弘至さん(greenpiece代表 左)と菅原 淳さん(Dream Photo代表 右)のおふたりにお話を伺いました。(この写真は結成した飲み会での実際の写真)

LIFE編集部:「kamihana」はどんな取り組みを行なっているチームですか?

金森さん:「kamihanaは、平成29年2月にスタートしたプロジェクトで、フラワーデザイナー、ヘアスタイリスト、フォトグラファーにより、”美しさや感動をクリエイトするデザインチーム”です。

菅原さん:「スタート当初は、撮影する構図が女性の「髪と顔」の世界観を「ヘアメイク」と「花」を絡めてデザインした作品を撮影しようとしていたので、「髪-花」=「kami-hana」とチーム名をつけました。」

LIFE編集部:どんなことがきっかけでできたチームなのですか?

菅原さん:「発足のきっかけは、昨年金森さんとふたりで飲んでいて、話したのが始まりです。秋田は日本一の超高齢化社会で、過疎化や人口流出が深刻な県。地方だから何もできないじゃなくて、地方からでも何か発信できるはず!と思って始めました。僕ら中堅世代が頑張って、下に続く世代が”秋田でもやれるじゃん”って少しでも思ってくれるように・・・。当初レギュラーメンバーは僕と金森さんしかいなかったので、写真とお花で何ができるか?ってことから始まり、ヘアメイク&モデル探しに奔走していた気がします。(笑)」

その飲み会からスタートしたkamihanaのスタート前のイメージがこちら

そして、 kamihanaプロジェクトがスタート。

こちらが記念すべきkamihanaの最初の作品。

撮影場所は、金森さんのお店「greenpiece」。

model : Yuka Sato、Flower Art : Koji Kanamori、Photographer : Jun Sugawara

LIFE編集部:最初の作品のコンセプトをお聞かせください。

菅原さん:「最初のコンセプトは特になかったです(笑)。試行錯誤しながら創りあがっていくものに、その場の雰囲気と空気で、お互いライブで合わせていく感じでした。」

LIFE編集部:ライブで合わせていく・・・かっこいいですね。作品もファッションの業界誌の表紙みたいで素敵ですね。2作品目がモデルではなく、実際のカップルだとお聞きしましたが

金森さん:「2作目のカップルはお店(greenpiece)のスタッフで、結婚式も挙げないみたいだったので、みんなに協力してもらって写真をプレゼントしようということで撮影をしました。やっぱりリアルカップルの重みは違うなーって思いました。愛ですね。」

その時の実際の作品がこちら

Model:Yuji Sakai & Mutsumi Fujita、Flower Art : Koji Kanamori 、Assitant:Yosuke Miura、Make Up:Hitomi Kon、Photographer : Jun Sugawara

LIFE編集部:すごい!なんて言うか、一気に世界観が広がりましたね!

菅原さん:この撮影は、金森さんがドレスとタキシードをおふたりへプレゼントで借りてあげたので、せっかくドレスを着るなら、上半身だけじゃなくて、全身を撮影してあげたいよねって話になったんです。でも、その時の撮影場所が倉庫だったので、倉庫感消さないと雰囲気出ないよねって・・・。ということで、金森さんとありったけの資材を投入して、全身撮れるスペースを作り上げてから、何となく今のような全体の世界観を作るプロジェクトに変化していったような気がします。」

金森さん:「この撮影を機に、構図の世界観が広がって、デザインするスケールも大きくなり、kamihanaデザインの方向性が出てきた感じがします。広がると当たり前ですが、あの空間を作るのが大変なんです。でも、もう後戻りできません(笑)」

そんな構図が徐々に広がりつつあるkamihanaの3作品目がこちら

この時はテレビ局の取材も入ってました。徐々にメディアの注目度もUP!

Model : Kanako Matsumi、Flower Art : Koji Kanamori 、Assitant:Yosuke Miura、Hair&Makeup:Yuko Kitajima、Photographer : Jun Sugawara

つづく4作品目がこちら

model : Narumi Endo、Flower Art : Koji Kanamori 、Assitant:Yosuke Miura、Hair&Makeup:Yuko Kitajima、Photographer : Jun Sugawara広い構図も圧巻ですが、スタートした当初の髪と花とアップの構図もすごいですね!

作品撮りの充実感と楽しい感じが伝わってきます。

LIFE編集部:そして、今回LIFEで紹介させていただくkamihana5作品目のコンセプトをお教えください。

菅原さん:「作品のテーマは『眠れる森の美女』です。」

LIFE編集部:どうして、「眠れる森の美女」だったんですか?

菅原さん:「今回は大多数の人が知ってるであろうディズニーのお話をテーマにすることで、見た人が世界観を想像しやすいかな?と思ったのがきっかけです。それと、今回の撮影場所が実際に結婚式をするWedding Hills御所野だったのも理由のひとつです。」

金森さん:「いま、実際のブライダルでもディズニーコンセプトが人気で、自分達のイメージ解釈で世界観を創ったらどうなるのかを見てみたかったのと、その中でもプリンセスオーロラは基本的に眠っているので、実際コンセプト化しづらいお姫様だし、難しいけど逆に面白いと思ったのが理由です。」

撮影場所は、イヤタカグループの結婚式場、「Wedding Hills 御所野」。

天の川をイメージしたチャペルと、彦星織姫をイメージした開放的なガーデン付きの2つの披露宴会場があるゲストハウスです。こちらが、今回の撮影会場の「ヴィラ ベガ」。

このパーティー会場がkamihanaの手によって、どのように様変わりしていくのか??作業風景をタイムラプスで少し追っかけてみました!

こんな雰囲気の中、クリエイターのみなさんが、テーマに沿って創り上げていきます。

このスタイルものすごい(笑)

そんな感じで一緒に創り上げた今回の作品がこちらです!

「眠れる森の美女」by kamihana

LIFE編集部:何というか・・・ものすごく幻想的な世界観で本当にテーマの通り「眠れる美女」ですね!

菅原さん:「全体像は、絵画っぽい、クールなイメージに創り上げました。」

金森さん:「普段からブライダルの仕事は多いのですが、通常のブライダルではない、このチームならではの世界観で演出したいと思って創り上げました。今回の撮影から、botanicoの小松さんが参加してくださった事により大型のグリーンを多用した室内での空間づくりが可能になったので創り出せる世界観が広がりました。」

LIFE編集部:1日作品撮りにご一緒させていただいて、みなさんの想い、そして向上心がひしひしと伝わってきました。最後に、このプロジェクトの今後の取り組みについてお教えいただけますか?

菅原さん:「これからのkamihanaは、それぞれのクリエイター自身の技術力アップとPRのひとつになれればと思っています。そして!kamihanaでは、衣裳をつくれる方も随時募集しております。自分の衣裳をkamihanaチームの一員としてデザイン&演出してみませんか?」

金森さん:「今後の展望ですが、これから作品の数だけ自分自身もレベルアップしていけたらいいなあと。そしていつかこのチームでお仕事できたら楽しいと思います。実際のウェディングや企業広告、アニバーサリーフォトなどやりたいですね。」

LIFE編集部:本当に素晴らしい取り組みです。LIFEでも、今年新たにクリエイティブなデザインで作品撮りを予定しています。その時はおふたりに声をかけさせていただきます!

菅原さん&金森さん:「・・・・。はい、全力でやってアッと言わせたいですね(笑)」

LIFE編集部:お話を伺っていると、これからさらに構図と世界観が広がる感じがしますね(笑)。kamihanaの次の作品撮りと取り組みも楽しみです!

【kamihana5作目のメンバーを紹介】


フォトグラファー:菅原 淳さん(Dream Photo )
フローリスト :金森 弘至さん、三浦洋介さん、安田恵子さん(Greenpiece)
ヘアメイク :北嶋 祐子さん(​Luminous beauty care) 
モデル :遠藤 成美さん(モデルクラブステラ) 
モデルキャスティング :原田 裕成さん(モデルクラブステラ)  
アーバンガーデナー:小松 純一さん(botanico)
ドレス協賛 :ブライダルスペース・マリエ
撮影協力 :Wedding Hills御所野

フォトグラファー 菅原 淳さん【Dream Photo代表】

回を重ねるごとに、意識を共有してくれるメンバーが増え、出来ることが格段に増えました。それぞれの分野でプロフェッショナルな仕事をしているメンバーが、一つの作品に向かって力を合わせて作り上げていく過程が本当に楽しく、皆で作り上げた世界観を最終的に写真で仕上げるのがとても刺激的です。何より全員がこのプロジェクトを楽しんでやれているのが良いですね。

フローリスト 金森 弘至さん【greenpiece代表】

今までフローリストとして日本各地や海外でのウェディングコーディネート、イベント等のフラワーデザインや撮影ディレクションを経験させていただき、そこで学んだ知識や技術を思う存分に発揮できる場でもあり、毎回新しい発見や課題を提供してもらえる大切な時間だと思います。素晴らしい仲間とひとつの作品創りに取組める事はとても幸せです。そしてデザインする事には完成がなく日々進化し続けるものだと思うのでメンバーから刺激をもらいもっと自分を高めていき、創造する事を楽しんでいきたいです。

ヘアメイク 北嶋 祐子さん【Luminous beauty care】

チームとして1つの作品を創るということが、とても楽しいです。自分の仕事に強いプロ意識がある人ばかりで、毎回刺激をもらっています。やりたいことがたくさんあると思うので、この後もどんな作品ができてくるのかワクワクします。

キャスティング 原田  裕成さん【モデルクラブステラ代表】


僕は、3作品目からの参加させてもらっています。その時の状況やテーマに合わせて、モデルをキャスティングしています。秋田だと作品撮りの為の撮影がほとんどない環境ですし、モデルにとっても自分をきれいに見せる勉強にもなっていて、いい機会になっていると思います。インスタ映えもしますし、モデル自身のモチベーションアップにもつながっているプロジェクトだと思います。

モデル 遠藤 成実さん【モデルクラブステラ】

モデルをさせていただくのは2回目でしたが今回はさらにパワーアップしていました!kami-hanaに関わるプロフェッショナルの方々にしか作り出せない美しくて素敵な世界観に心から感動しました。私にとってkami-hanaは、「私に魔法をかけてくれる」。そんな存在です!ヘアメイクだけではなく、kami-hanaの世界観全てが夢の世界にいるような…そんな感覚にさせてくれます!魔法にかかることのできるkami-hanaが大好きです!

フローリスト&アシスタント 三浦洋介さん(左)、安田恵子さん(右)【greenpiece】

三浦洋介さん:各分野の技術を合わせることで 素晴らしい表現ができること。感動を作り出すことができること。それを地方からも発信していくことができたらいいと思いました。

安田恵子さん:それぞれの分野の技術が合わさり、こんなにも幻想的で素敵な現場に携る事が出来て幸せです。大好きな秋田で次はどんなことが出来るのか考えただけでわくわくします!

アーバンガーデナー 小松 純一さん【botanico代表】

Aターンしてきて3年目、普段の仕事に追われて過ごす日々の中、刺激のある楽しい事に参加させてもらえる機会をいただきました。これからが楽しみで仕方がありません!

素敵なクリエイターのみなさんですね!これからのkamihanaの活動に注目です!

" ["post_digest"]=> string(227) "ブライダルフォトクリエイター集団が取り組むプロジェクト【kamihana】。みなさんはご存知でしょうか?気になっていたので、その作品撮りの現場に潜入してきました!" ["post_image"]=> string(96) "//life-fun.info/storage/9bf31c7ff062936a96d3c8bd1f8f2ff3/images/kamihana/20180320/2B4A0535in.jpg" ["access_count"]=> string(4) "3402" ["m_access_count"]=> string(3) "102" ["visible"]=> bool(true) ["deleted"]=> bool(false) ["created"]=> string(19) "2018-03-30 12:59:12" ["updated"]=> string(19) "2018-04-17 10:50:12" ["EditorPostsCompany"]=> array(3) { ["editor_posts_company_id"]=> string(3) "212" ["editor_post_id"]=> string(3) "282" ["company_id"]=> string(2) "98" } } [3]=> array(17) { ["editor_post_id"]=> string(3) "294" ["editor_id"]=> string(1) "6" ["post_title"]=> string(93) "あじさい寺 雲昌寺【奇跡の雲昌寺ブルー×ロケフォトウェディング】" ["start_date"]=> string(10) "2018-07-18" ["end_date"]=> NULL ["end_date_day"]=> string(2) "30" ["post_category_id"]=> string(1) "4" ["post_body"]=> string(24065) "

3つの青が織りなすブルーの世界【雲昌寺ブルー】でブライダルロケーションフォト!

秋田県男鹿市北浦にある曹洞宗 雲昌寺。その雲昌寺に、いま日本全国、海外からも多くの人が訪れています。その理由が、お寺の境内一面に咲き誇る青いあじさいです。すごいのは、あじさいだけではありません。一面の青いあじさいと海と青空、3つの青が織りなす唯一無二の青の世界が雲昌寺の魅力。その青い世界はまさに奇跡の「雲昌寺ブルー」。今回は、LIFE編集部で以前取材させていただいたブライダルフォトクリエイティブ集団 kami-hanaチームの皆さんで、この青いあじさい一面の雲昌寺さんで、ブライダルロケーションフォトの撮影を行うとお聞きしたので、取材させていただきました!

その前にあじさい寺 雲昌寺の紹介をさせていただきます。「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」「日本の絶景編2017 ベスト絶景」に選ばれたこともあり、2018年はJR東日本のポスターをはじめ、地元のテレビ局だけではなく、全国放送のテレビ取材や新聞、雑誌など多くのマスメディアがあじさい寺 雲昌寺を取り上げています。そう!まさに!

いま、日本一行ってみたいお寺。

写真は、雲昌寺ブルーを創り出したあじさい寺 雲昌寺の副住職の古仲宗雲(しゅううん)さんのFacebookから(「朝だ!生です旅サラダ」の取材の模様)。

そして、訪れた方がSNSに画像を投稿している人が多く、それが県外、国外の人に伝わって話題になっていると思われます。

そんなあじさい寺 雲昌寺は、ここ数年で、秋田県の新たな観光名所として注目されており、今年は、4万人を超えるお客様が訪れているとか・・・すごい!

この青いあじさいは、15年におよぶ歳月を費やし、副住職の古仲 宗雲(しゅううん)さんの手によって、1株から株分けをして広げられたんだそう。副住職の古仲さん曰く、「日中のあじさいはもちろん綺麗ですが、朝や夕方のあじさいも綺麗です。あじさいにはその時間や天候によって違う表情を出します。」とおっしゃっていました。こちらは、日中のあじさい寺 雲昌寺。

夕暮れの雲昌寺。

雲昌寺のあじさいの特徴は、株の多さもさることながら、花の数がとにかく多く、密集していているので、一面濃い青色の世界になるんだそう。

境内には、竹林もあり散策できるように整備されています。風情があって素敵です。


そして、古仲さんの遊び心はこんなところまで!「ハートの石」です。

境内には7つのハートの石があって、すべて見つけると願いが叶うとか・・・あじさいを鑑賞しながら、探してみてはいかがでしょうか?

こちらは、最近全国的にも人気がある御朱印状も素敵です。


今年から、雲昌寺オリジナルグッツも展開しています。ブースの背景が竹林って!おしゃれです。

Tシャツ、トートバック、ハンカチ、手ぬぐい、便箋などが販売されていました。

残念ながら、今シーズンはほぼ完売状態とのことでした。来年もどんなデザインのグッツが登場するのか楽しみです。

ババヘラも、進藤冷菓さんとコラボされた、雲昌寺オリジナルババヘラが登場、多くの人が食べていました。

 

その他、あじさいを眺めながら、コーヒーや抹茶、和菓子を楽しむことができるカフェスペースも充実。・・・雲昌寺さんの紹介だけでボリューミーになってしまいましたが。今回の取材の目的の一つでもある、ブライダルロケーションフォトを紹介します。この企画は、秋田のブライダル情報紙「Bouquet(ブーケ)」さんと、ブライダルフォトのクリエイター集団「kami-hana」とのタイアップ企画です。7月17日(水)発行のブーケの表紙を飾ります!

【あじさい寺 雲昌寺ブルー×kami-hana】プレゼンツ!ブライダルロケーションフォト

もう早速紹介しちゃいます!

たくさん撮影した中から紹介するのはこちらの2カット!1カット目は、「あじさい×海×空3つのブルーが織りなす奇跡の雲昌寺ブルー」の中でのブライダルロケーションフォト。

2カット目は、一面に咲き誇る青いあじさいと雲昌寺外観をバックに。

どちらも素晴らしい写真ですね!大成功だったのではないでしょうか?スチールで撮影したカットは最後に映像で色々なバージョンを見ることができます!ぜひ、そちらもご覧ください。

スチールの撮影しているのを、隠し撮りするように動画チームも動いていました。観覧するお客様がかなり多かったので、ほんの少ししか撮影できませんでしたが、青の世界観を映像で演出。カメラマン&編集の近藤さんは、もう少し撮りたかったみたいですが・・・。雲昌寺で流れているジャズをBGMに!カッコいい!

今回の撮影メンバーはこちら!雲昌寺の古仲さんと!

モデル:金 永大、小田嶋 七海、フォトグラファー:菅原 淳(Dream Photo)、フローリスト:金森 弘至(greenpiece)、ヘアメーク:北嶋 祐子(Luminous beauty care)、カメラマン:近藤 康洋(mel digital)、アシスタント:佐々木 綾菜(Dream Photo)、鈴木 健一(Dream Photo)、プロデュース:三浦 亮(PRODUCE PRO)、衣裳:ブライダルスペース・マリエ、ロケーション:あじさい寺 雲昌寺 古仲 宗雲さん

撮影中の雰囲気のカットも少しご紹介します。

モデル:金 永大、小田嶋 七海

撮影:菅原 淳(Dream Photo)

ベストなショットをねらうべく、躊躇なく地面に寝そべっての撮影(笑)

フローリスト:金森 弘至(greenpiece)

今回も素敵なブーケとヘッドをデザイン。雲昌寺さんから特別協賛であじさいを提供いただきました。

これは、素敵過ぎます。

ヘアメーク:北嶋 祐子(Luminous beauty care)

いつものkami-hanaとは違う世界観でしたが、素敵なヘアメークしてくださいました。

プロデュース:三浦 亮(PRODUCE PRO)、カメラマン:近藤 康洋(mel digital)

限られた時間と限られた空間の中での撮影。

アシスタント:佐々木 綾菜(Dream Photo)

セカンドカメラマンや照明やらお疲れ様でした!素晴らしい動きを見せた二人。

アシスタント:鈴木 健一(Dream Photo)

衣裳:ブライダルスペース・マリエ

東北最大級のドレスショップです。素敵な衣裳協力ありがとうございました!ロケーションフォトができる商品も揃えています!まもなく、衣裳専門店のフォトスタジオもOPEN予定です!

ロケーション:あじさい寺 雲昌寺

今回も、クリエイターの皆さんが限られた時間、限られた空間の中で最高のパフォーマンスを発揮していただきました。

平日にも関わらず、多くの観覧されているお客様がいる中での撮影は非常に大変。来年から、ブライダルロケーションフォトができるかも??

こちらの映像はDream Photoチームが撮影したその他のロケーションPHOTO画像で制作した映像です。こんな素晴らしいロケーションでブライダルフォトはいかがですか!?※映像はLIFE限定公開となっております。

雲昌寺さんのご紹介です。〜7/22(日)までですが、雲昌寺さんのあじさいを見ることができます。まだ、行ったことがない方は是非、足を運んでみてください。その素晴らしさを実感することができます。

【雲昌寺のあじさい】

■観覧期間 2018年6月9日(土)~7月22日(日)  
■観覧時間 9:00~17:00(土日祝日は18:00まで)
■入場料(維持管理協力金):大人300円 中学生以下無料
■住所:秋田県男鹿市北浦北浦字北浦57
■駐車場 期間中は周辺に臨時駐車場を準備しています。

【ブライダル情報紙 Bouquet(ブーケ)

秋田のブライダル情報紙ブーケもご覧ください!

 

 

 

" ["post_digest"]=> string(413) "秋田県男鹿市北浦にある曹洞宗 雲昌寺。その雲昌寺に、いま日本全国、海外からも多くの人が訪れています。その理由が、お寺の境内一面に咲き誇る青いあじさいです。すごいのは、あじさいだけではありません。一面の青いあじさいと海と青空、3つの青が織りなす唯一無二の青の世界が雲昌寺の魅力。" ["post_image"]=> string(122) "//life-fun.info/storage/9bf31c7ff062936a96d3c8bd1f8f2ff3/images/unsho-ji/2018bridal-photo/K1010248_20180502055603-LIFE.jpg" ["access_count"]=> string(4) "2121" ["m_access_count"]=> string(3) "100" ["visible"]=> bool(true) ["deleted"]=> bool(false) ["created"]=> string(19) "2018-07-17 14:48:14" ["updated"]=> string(19) "2018-08-03 11:36:56" ["EditorPostsCompany"]=> array(3) { ["editor_posts_company_id"]=> string(3) "222" ["editor_post_id"]=> string(3) "294" ["company_id"]=> string(2) "98" } } }

LIFEのカテゴリ

カテゴリランキング