秋田発!生活のおもしろ情報満載

NSES日鉄環境プラントソリューションズ株式会社

ためになる

ためになる情報を発信しています。

【ペットの「もしも」について考える】ペットの防災準備は万全ですか

2016-03-10

いまや、15歳未満の子どもよりペットの頭数が400万も多い時代。ペットも、家族の一員として家の中で育てる人が増えています。

3.11…東日本大震災からまもなく5年が経とうとしています。震災の時は、弱い者ほど厳しい状況におかれてしまいます。そして、ペットもその対象に。

そこで、今から準備しておきたい「ペットの防災リスト」をご紹介します。

□フード 7日分以上(フードボール)
□水(水入れ)
□常備薬
□バスタオル
□ブランケット(携帯カイロ)
□狂犬病注射済みの札
□ワクチン証明書
□鑑札
□名前札
□ペットと一緒に写っている写真
□リード
□首輪(ハーネス)
□ペットシーツ
□ふろしき(大きめのスカーフ)
□ビニールゴミ袋(大・中サイズ)
□洗濯ネット
ポイントは、新品ではなく、ペットが普段使い慣れているもの。

次に、
震災時ペットがストレスを抱えないために、毎日できる防災訓練をご紹介します。

□散歩コースに、避難所を入れましょう!
休憩したり、遊んだりすることで、避難所が「知らない場所」から「いつもの場所」として認識され、避難時のストレス軽減につながります。

□クレートが、居心地良い場所にしましょう!
避難所では、クレート生活になります。クレートに慣れていないとストレスを抱えてしまいます。クレートが心身ともに落ち着く場所になるように、日ごろから利用することがベストです。

最後に、ストレス軽減マッサージを紹介します。

みぞおちから、へその少し下辺りにある『丹田(たんでん)』。
丹田をクルクルと円を描くようにマッサージします。(6~10回)
指に力ではなく、心に愛情をもってマッサージしましょう!

防災パンフレットは下記URLよりダウンロードできます。
ぜひ、ご家庭のペットのためにご利用ください。

(社)日本ペットマッサージ協会  http://www.j-pma.com/

この記事を書いたライター

ルベール 柳原淳子

2006年5月NPO法人日本メディカルアロマテラピー協会セラピスト資格取得
2006年11月リラクゼーションサロン開業
2013年5月NPO法人日本メディカルアロマテラピー協会秋田校設立
2010年2月~イヤタカカルチャースクール アロマ教室開講
2014年6月~秋田カルチャースクール アロマ教室開講

このライターの書いた記事をみる

この記事が気に入ったらいいねしよう!

関連記事

LIFEのカテゴリ

カテゴリランキング